ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
シンク掃除のポイントは、汚れに合わせた掃除方法!
出典 : All About Space/Shutterstock.com

シンク掃除のポイントは、汚れに合わせた掃除方法!

キッチンのシンクにつく汚れ、見て見ぬふりしていませんか? 掃除しなくてはならないとわかっていても、取れにくそうな水垢や油汚れを見る度、手が出せなかったママに朗報! 汚れに合わせた洗剤を使えば、意外とラクに掃除することができますよ。

  • 創文舎 hamo

水垢、油汚れ・・・シンクにこびりつく汚れの正体

水垢、油汚れ・・・シンクにこびりつく汚れの正体

Myibean/Shutterstock.com

水栓周りの白い乾いた汚れや、くすんだシンク・・・。毎日、何となく掃除はしているけどイマイチすっきりキレイにならないと悩んでいませんか? シンクにつく汚れにはいろいろな種類がありますが、いったい何が原因で汚れているのでしょうか。

シンクは基本的に調理や洗いものに使うスペース。食べ物由来の汚れや洗剤の残りかすなどが蓄積します。見た目だけでは何が原因の汚れか判断しづらいですが、汚れとその原因、性質を知っていれば掃除もしやすくなりますよ。

白く乾いた汚れ

水栓周りによく見られる白いザラザラした汚れ。一見すると汚れなのか水が乾いた跡なのかよくわかりませんが、軽くこすっても落ちないようであれば、汚れである可能性が高いです。
この白い汚れには2パターンあり、一つは水に含まれるミネラルと食品に含まれるカルシウムが合わさってできる「水垢」。水垢は、アルカリ性の汚れで酸性の洗剤がよく効きます。
もう一つ、同じ白い汚れで考えられるのは、洗剤の残りかすが蓄積してできる「石けんカス」。見た目ではどちらの汚れか判断つきませんが、石けんカスは水垢と違い、酸性の汚れ。酸性かアルカリ性の洗剤を使い、効き目がないと感じたらもう一方の属性の洗剤を使うようにすればどちらの汚れも落ちるでしょう。

シンクのくすみ汚れ

シンク全体をコーティングするようにつく、くすんだ汚れ。さまざまな汚れが混ざっていますが、主な原因となっているのが油汚れです。
油汚れは酸性の性質を持っているのでアルカリ性の洗剤を使うのが効果的です。

排水口につくヌルヌル汚れ

排水口やパイプの内側につくヌルヌルとした黒ずんだ汚れは、食べ物のカスや油汚れをエサに繁殖する雑菌やカビが原因です。放置しておくと、徐々に水の流れが悪くなり、つまりや悪臭の原因に。除菌力の高い洗剤を使うとすっきりキレイに掃除できます。

シンクを掃除するなら重曹&クエン酸がおすすめ

シンクを掃除するなら重曹&クエン酸がおすすめ

JPC-PROD/Shutterstock.com

白いザラザラ汚れやシンクのくすみ。この2つの汚れを解決するには「クエン酸」と「重曹」がおすすめです。食品を扱うキッチンはできるだけやさしく安心できる洗剤を使いたいもの。クエン酸は柑橘類などに含まれる成分、重曹は人の体に含まれている成分と同じ構造でできており、万が一口に入るようなことがあっても安心できます。ただし、クエン酸も重曹も食品グレードと工業用があります。掃除用に販売されているものは食品グレードとは異なりますので料理には絶対に使わないように注意しましょう。
クエン酸は酸性、重曹はアルカリ性。この性質を上手に利用し効率的にシンクの汚れを落としていきましょう。

水垢の落とし方

1 使わなくなったクレジットカードやポイントカードなどを使い、シンクについたザラザラ汚れを擦り落としていきます。
2 取れ残った汚れには、水100mlにクエン酸小さじ1/2杯を加えて溶かしたクエン酸スプレーをかけ、1~2時間放置し、その後スポンジで擦り落とします。
3 汚れが取れ残った場合は、ペーパータオルなどにクエン酸水をたっぷり含ませ、汚れにパックし2~3時間おきましょう。その後、スポンジで擦れば大抵の水垢は落ちるはずです。

石けんカスの落とし方

上記の方法で水垢を落としても取りきれない場合は、水垢ではなく石けんカスである可能性が大です。水垢とは性質が反対なので、今度は重曹を使って掃除してみましょう。
シンクをサッと濡らし、汚れている部分に重曹を振りかけ、30分~1時間ほど時間をおいてから、スポンジで擦り洗いし、最後に水ですすぎましょう。

シンクについた油汚れ

油汚れは酸性の汚れ。石けんカスの時と同じように重曹を使って落とすのが効果的です。
あらかじめ、スプレーボトルに水100mlを入れ、小さじ1杯の重曹を入れて溶かしておきます。シンク全体にお湯をかけ油汚れを浮かしてから、重曹スプレーを万遍なくかけて5~10分時間をおき、スポンジで擦り落とします。

ヌメヌメ汚れが気になる排水口の掃除方法

ヌメヌメ汚れが気になる排水口の掃除方法

ThamKC/Shutterstock.com

調理や洗い物で出る汚れやそれを洗い流した汚水など、すべてが通る排水口。汚れが溜まりやすく、それをエサに増えるカビや雑菌の溜まり場になります。できれば触りたくないカビや雑菌が原因のヌメヌメ汚れは、クエン酸と重曹のダブル攻撃で撃退しましょう。

排水口にお湯を流して汚れを浮かせ、重曹を1カップ排水口に振りかけます。その上からクエン酸を小さじ2杯振りかけ、さらにその上から、ゆっくり1カップ分のぬるま湯を少しずつかけていくと、シュワシュワと泡が発生し汚れを分解していきます。
30分ほど時間をおいたら、ぬるま湯をかけて洗剤を洗い流します。

重曹とクエン酸は、水分を媒介に合わさることで、二酸化炭素を発生し発泡します。泡自体に害はなく、酸性・アルカリ性のどちらの汚れも浮かせる効果があり、触らなくてもある程度汚れを落とすことができます。流した後にも汚れが取れ残っているようなら、古歯ブラシなどで擦り落とすとキレイにヌメヌメ汚れが落とせます。

毎日のちょこっと掃除で汚れ予防

毎日のちょこっと掃除で汚れ予防

Mego studio/Shutterstock.com

気合いを入れてピカピカにしたシンクも、翌日にまた料理をすれば少なからず汚れがついてしまいます。毎日、洗剤をあれこれ使って掃除をする必要はありませんが、シンクは少し掃除をサボるだけで、あっという間に汚れがひどくなってしまう場所。できれば毎日、ちょっとした掃除でも続けていけば汚れを溜めこまずにすみます。

一日の料理と片付けが終わったら、最後の食器洗いの終わりに食器用洗剤をスポンジにつけ、シンクや水栓を洗いましょう。洗い終わったら水でサッとすすいで、できればフキンやペーパータオルでシンクの水を拭き取っておきましょう。

水ですすぐだけでもシンクは十分キレイになりますが、水分が残ったままだと、水垢やカビの原因になります。少し面倒ですが、いつもの掃除にワンステッププラスすることで、後の掃除がとってもラクになりますよ。

シンクがピカピカになったら臭いもリフレッシュ

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

シンクと排水口をキレイにすると、キッチンに漂うイヤな臭いが一つ減りますが、生ゴミや魚の臭いなど、まだまだ気になる臭いもあります。

そこで役に立つのが、ファブリーズのキッチン専用置き型消臭剤。キッチンの片隅に置いておくだけで、独自の消臭成分「ニオイキャッチゼリー」が、台所に漂う臭いをキャッチし、化学的に分解・中和して臭いを消し去ります。

さらに、自然界に存在している、カビの発生などを抑制する「森林フィトン」と同じ構造の成分を配合しており、キッチンを森の中にいるような清々しい空気に近づけます。


シンクがキレイになると、キッチン全体が明るくなったような気がします。やはり、料理をする場所はいつでも衛生的に保ちたいですね。