ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
気になる冷蔵庫掃除の方法、こうすればもっとキレイに効率的に!
出典 : Andrey_Popov/Shutterstock.com

気になる冷蔵庫掃除の方法、こうすればもっとキレイに効率的に!

食品を保存する冷蔵庫、汚れが気になっても掃除するタイミングが見つからない! すべての食材を出して大掃除したいけど、手間と時間を考えるとこまめにするのは無理! そんな冷蔵庫掃除の悩みを解決するカンタンな掃除方法のコツをご紹介します。

  • 創文舎 hamo

冷蔵庫をカンタンに掃除するなら、まず計画を

冷蔵庫をカンタンに掃除するなら、まず計画を

Iakov Filimonov/Shutterstock.com

肉や魚などの生鮮品からこぼれるドリップや、調味料が滴ってできる輪染み、こぼれた飲み物など、冷蔵庫には気になる汚れがたくさん。汚れを目撃する度「掃除しなきゃ」と思うけど、一旦扉を閉めてしまえば、目に入らなくなり、忙しさに紛れて忘れてしまう・・・などということが多くありませんか?

冷蔵庫は家族の暮らしを支える大切な場所。できるだけ衛生的に保ちたいものですが、常に食べ物を保管する場所なので、掃除するには中身を出さなくてはならず、つい億劫になってしまうのが現実です。

そこで、おすすめしたいのが、一気に冷蔵庫を丸ごと掃除しようとせず、一日にできる範囲だけを短時間で済ます冷蔵庫掃除。たとえば、「今日は野菜室を頑張ろう」とか「今週は忙しいからドアポケットだけ」などと、暮らしのペースに合わせて汚れが気になる場所をちょこちょこ掃除しておくことで、汚れがたまりにくくなります。

掃除する場所を決め、予定を立てたら、クーラーボックスなどを用意して、掃除する場所の食材を一時避難させる準備もしておきましょう。出した食材は、消費期限&賞味期限チェックを行い、期限が切れた食品を処分し、在庫整理をしておくとよいでしょう。

冷蔵庫掃除で使える洗剤は?

冷蔵庫掃除で使える洗剤は?

New Africa/Shutterstock.com

食材や手垢、調味料などさまざまな汚れがつく冷蔵庫。しっかり汚れが落とせる洗剤で掃除したいけど、反面、口に入るものを扱う場所なので安全性も考慮したいものです。

そこでおすすめしたいのが、人体や地球環境に悪影響を及ばさないといわれている、ナチュラルクリーニング用素材。自然界にあるものからできている無機物やミネラルの類に属す物質で、最近ではそれらを使ったハウスクリーニングが注目されているため、100円ショップやドラッグストアなどで手軽に入手することができます。

重曹

天然のものは鉱物から、人工的に作られるものは二酸化炭素と塩から精製され、水に溶けると弱アルカリ性を示し、酸性の汚れを中和します。食品由来の汚れや油汚れを落とすのに高い効果を発揮します。また、酸性の臭いを中和することにより消臭効果も得られます。

クエン酸

柑橘系の果実や酢などに含まれる酸っぱい成分。酸性を示し、アルカリ性の汚れを分解するのに適しています。除菌力も高いので、食品を扱う場所や水回りの掃除に向いています。

セスキ炭酸ソーダ

重曹と炭酸ナトリウムの中間に位置する無機物。重曹よりもアルカリ性が強く水に溶けやすい。重曹では取れにくいしつこい汚れに効果を発揮します。

しつこい汚れはセスキソーダとクエン酸を使った掃除方法で

しつこい汚れはセスキソーダとクエン酸を使った掃除方法で

FotoDuets/Shutterstock.com

冷蔵庫掃除に適した3つのナチュラルクリーニング素材。汚れの種類や程度に応じて使い分けていきましょう。
まずは、スプレーボトルを3つ用意し、重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダ、それぞれを溶かした水溶液を作っておくと掃除がカンタンです。

重曹スプレーは、ぬるま湯100mlに小さじ1杯、
クエン酸スプレーは、水100mlに小さじ1/2杯、
セスキ炭酸スプレーは、水500mlに小さじ1杯

が目安です。重曹は水に溶けづらいのでぬるま湯で溶かすのがおすすめです。重曹よりもアルカリ度が強いセスキ炭酸ソーダは、少ない分量でたくさんの水溶液が作ることができます。多すぎる時は、100mlの水に対し、1gを目安に溶かすと良いでしょう。

軽い汚れならオールマイティに使えるのが、重曹。
手垢などの皮脂汚れがつきやすい冷蔵庫の取っ手部分や、ドアの側面などに重曹水をスプレーし、水で濡らして固く絞った雑巾でよく拭いた後、すすぎ拭きをしましょう。

重曹スプレーは、冷蔵庫内の掃除にも有効です。
食品を出した後の冷蔵庫内を、重曹水を含ませたキレイな布で拭き、最後に水で濡らした布ですすぎ拭きするだけで、軽い汚れならスッキリ落ちます。

しばらく掃除していない冷蔵庫や、生鮮品などからこぼれたドリップが多く、臭いが気になる庫内は、クエン酸を使った掃除がおすすめ。クエン酸は重曹に比べ除菌効果が強く、消臭効果にも優れています。
クエン酸水を含ませたキレイな布で庫内を拭き、すすぎ拭きすれば臭いまでスッキリ。仕上げにキッチン用のアルコールスプレーを吹きかけ乾拭きすれば、除菌はバッチリです。

また、冷蔵庫の中の棚などのパーツについたベタベタした食品由来の落ちにくい汚れには、セスキ炭酸ソーダが効果的。
冷蔵庫から汚れたパーツを取り外し、ぬるま湯をかけた後でセスキ炭酸スプレーを吹きかけ、しばらくおいてからスポンジで擦り洗いすると汚れがするりと落ちます。これと同様に、冷蔵庫から取り外せないパーツにもセスキ炭酸スプレーが有効。スプレーして汚れを緩ませてから布などで拭き取るとラクに汚れが落とせます。

冷蔵庫を賢く使って汚れ予防

冷蔵庫を賢く使って汚れ予防

BravissimoS/Shutterstock.com

毎日使う冷蔵庫は、放っておくとあっという間に汚れていきます。少しでも汚れがつかないようにちょっとした工夫をすると掃除の頻度も減りますよ。

食品をトレーやカゴなどに入れておく

たれやすい調味料や細かな瓶ものなどを、100円ショップなどで売っているプラスチックのトレーやカゴに入れて冷蔵庫に入れておくと、取り出しもスムーズで、直に棚に置かない分冷蔵庫も汚れづらくなります。

生鮮食品は容器やビニール袋に入れて保管する

汁やドリップなどが出やすい魚や肉は、コンテナに移したり袋を二重にするなどし、他の食品と触れ合わないようにして保管しましょう。

気付いた時にササッと拭き取る

冷蔵庫の中でついた汚れは、放っておくと冷却されカチカチに固まって頑固な汚れになってしまいます。ついたばかりの時は落としやすいので、見つけたらキッチンペーパーやウェットティッシュなどですぐに拭き取るようにしましょう。重曹スプレーやクエン酸スプレーなどを常備しておくと手間なくすぐにキレイにできますね。

冷蔵庫からの臭いもキャッチするキッチン専用置き型消臭剤

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

こまめに掃除をしていても毎日使う冷蔵庫には常に食品が入っています。開け閉めの度にほのかに漂う生鮮品の臭いなどは、キッチンの中に溜まりがちな臭いです。その他にも、生ゴミの臭いや排水口の臭いなどキッチンには気になる臭いがいっぱい。

そんな臭いをしっかり消臭してくれるのが、ファブリーズの部屋用置き型消臭剤、キッチン専用無香タイプ。
独自に開発された消臭成分「ニオイキャッチャーゼリー」がキッチンに漂う臭い分子をしっかりキャッチし、化学的に分解・中和して臭い自体を消し去ります。

さらに、キッチン専用無香タイプは、魚などの生臭いニオイや、生ゴミなどの不快臭に特化しているから、通常の置き型消臭剤より効果も強力。無香タイプなので香りと混ざらず、清潔なキッチン空間にピッタリです。

日々食品を扱う冷蔵庫は汚れやすい場所ですが、安全に衛生的でありたいスペース。ナチュラルクリーニング素材を使ったスプレーを常備して、できる時にできるスペースを無理なくこまめに掃除していきましょう。