ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
汗が臭い女性の悩みは原因から解決! ニオイを悟られない方法とは?
出典 : Iryna Rasko/Shutterstock.com

汗が臭い女性の悩みは原因から解決! ニオイを悟られない方法とは?

「汗が臭い」と悩んでいませんか? 女性でも男性でも汗が臭う原因は同じ。正しい知識とニオイを抑える方法を知っていれば恐れる必要はありません。自分の悩みに合った対策を見つけて、汗のニオイから解放されましょう。

  • 創文舎 hamo

汗が臭いの? 私が臭いの? 女性を悩ます汗のニオイの原因とは

汗が臭いの? 私が臭いの? 女性を悩ます汗のニオイの原因とは

Voyagerix/Shutterstock.com 

これからの季節、気温が上昇してくると気になるのが外出した時などにかく汗。汗をかくと「臭ってないかな」と必要以上に周りの目が気になり、ますます余計な汗をかくという負のスパイラルに陥りがちですが、臭いの原因は本当に汗にあるのでしょうか?

「臭いの元凶」と思われがちな汗ですが、かいたばかりの汗は臭いがほとんどしません。臭いの本当の原因になっているのは、人の皮膚の上に存在している「常在菌」。常在菌は、適度な湿度と温度、栄養源となる皮脂や垢などの汚れが揃うことで繁殖し、繁殖する際に作りだされる副産物が「臭い」を発する物質なのです。

汗によって成分が違う!? 場所やシチュエーションで異なる汗の種類

汗によって成分が違う!? 場所やシチュエーションで異なる汗の種類

Werayuth Tes/Shutterstock.com

「汗の臭い」と思われている臭いは、汗を媒介に作りだされる雑菌の副産物であることはわかりましたが、汗も臭いが発生する条件の一つであることに変わりはありません。
汗は、分泌される場所により成分が異なり、また、汗をかく理由によって汗を分泌する場所に違いがあります。この汗の種類による違いは、雑菌の繁殖と臭いの発生に深く関わっています。

汗腺による汗の成分の違い

エクリン汗腺

全身に広く分布する汗腺。おもに体温調節のためにかく汗が多く、その成分は約99%が水分。残り1%もほとんどが塩分ですが、わずかにミネラルやアミノ酸、尿素なども含まれます。

アポクリン汗腺

脇や乳輪、肛門周辺などの限られた場所に存在し、思春期以降発達する汗腺。成分の多くは水分ですが、エクリン腺から発生する汗と比べ、たんぱく質や脂質、アンモニアや糖分など雑菌のエサとなる成分を多く含み、分解されることで独特の臭いを発生させます。汗自体も白濁しており、粘り気があるのが特徴。ワキガなどの原因にもなります。

汗をかく理由

温熱性発汗

体温の上昇に伴い、体温調節のためにかく汗。手のひら足の裏を除く、全身のエクリン汗腺から発汗されます。

精神性発汗

精神的な緊張やストレスで発汗する汗。手のひらや足の裏、脇などの限られた場所から短時間に大量の汗が分泌されます。エクリン汗腺・アポクリン汗腺の両方から発汗します。

味覚性発汗

辛いものや酸っぱいものなどを食べた時に発汗する汗。顔や頭にあるエクリン汗腺から汗をかき、食べ終わると汗も落ち着きます。

内側からケアする汗のニオイ対策

内側からケアする汗のニオイ対策

Jacob Lund/Shutterstock.com

同じ汗でも、雑菌のエサになりやすい成分かどうかで臭いの強弱に影響が出ます。また、同じエクリン汗腺・アポクリン汗腺の汗でも人によって成分の濃度に違いがあります。遺伝的・体質的な要素もありますが、生活習慣による影響も少なくないようです。

汗をかかない生活による汗腺の機能低下

あまり汗をかかない生活を続けていると、汗腺自体の機能が弱まり、汗の中に含まれるミネラルや栄養などの身体に必要な成分を汗を排出する前に吸収できなくなります。結果として、汗と一緒にミネラルや栄養を排出してしまい、雑菌のエサになってしまいます。

汗を臭いやすくする食習慣

肉や乳製品などの動物性たんぱく質の過剰摂取や、にんにくや玉ねぎ、香辛料などの刺激の強い食べ物、糖分やアルコールなどを取り過ぎると、雑菌の栄養となる物質が汗の中に多く含まれるようになります。

こうした生活習慣による汗の成分変化を改善するには、身体の内側から「よい汗」をかける体質へ変えていく必要があります。

汗をかく習慣を心掛ける

汗腺の機能を整えるため、健康的な汗をかく習慣をつけましょう。ウォーキングなどの有酸素運動や5分以上湯船につかるなど、日常の中で汗をかくシーンが増えれば、徐々にサラサラとした汗をかくようになります。

冷房の設定温度を見直す

冷房などで体を冷やし過ぎると、汗腺の活動が停止してしまい、汗のかきづらい体質になってしまいます。冷房の設定温度を下げ過ぎず、適度な温度に調整しましょう。

食生活を見直し水分を十分に摂る

よい汗をかくためには、適切な水分補給と腸内環境を整えることが有効です。普段から喉が渇く前に水分補給する習慣をつけ、乳酸菌や食物繊維などを積極的にとるようにしましょう。

規則正しい健やかな生活を心掛ける

暴飲暴食・ストレス・睡眠不足は、自律神経に影響し汗腺の機能を低下させ、臭いの原因物質を増やします。現代社会の中ですべてをクリアするのは難しいですが、忙しい日が続いたら休養日を設けるなどの自己管理が大切です。

汗のニオイを緩和する体臭対策アイテム

汗のニオイを緩和する体臭対策アイテム

Aquarius Studio/Shutterstock.com

内側から体質を変えていくのは、汗や臭いだけでなく健康に配慮する上でも大切です。ゆっくりと体質改善しながら、普段かく汗については、できるだけ臭いの原因にならないように、外側からケアしていくことも有効です。

汗拭きシート

汗はかいてすぐに臭わず、おおよそ1時間程度経過してから雑菌の繁殖が進み、臭いが発生します。外出の際は汗拭きシートを携帯し、汗が気になったら1時間以内に化粧室で拭き取ると臭いの発生を防ぐことができます。

制汗剤

スプレータイプは汗をかいた後の消臭に、ロールオンタイプやクリームタイプは、汗をかく前に塗ると効果的。外出前の清潔な状態の肌に塗っておくと良いでしょう。

朝シャワー

人は寝ている間にもたくさんの汗をかきます。朝起きて外出する前に1分間でもいいのでシャワーで汗を流す習慣をつけると、臭いを防ぐ効果がアップします。

アルカリ性の洗剤や酸素系漂白剤

臭いが染み付いた衣類は、アルカリ性の洗濯洗剤や酸素系漂白剤を使って洗濯しましょう。皮脂や臭いは酸性なので、アルカリ性の洗剤がよく効きます。重曹やセスキ炭酸ソーダなどを用いるのも良いでしょう。

汗のニオイを広がりにくくする防臭方法

ファブリーズ ナチュリス

ファブリーズ ナチュリス

汗をかく前に臭いを防ぐ有効な手段がもう一つ。他の対策と合わせて備えておきたい、衣類の防臭ケアです。
ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを着用前のシャツやカットソーに、前後ろ5、6回ずつスプレーし乾かしてから着用しましょう。

ファブリーズは、衣類についた臭いの消臭はもちろんですが、雑菌由来の臭いを防ぐ防臭効果もあります。ファブリーズは、臭い分子を分解・中和して臭いを無臭化させる効果と雑菌の99.9%以上を除菌する効果を持ちます。着用前の衣類にあらかじめスプレーしておくことで、除菌成分が繊維に留まり、臭いの元となる雑菌の活動を抑制し、結果的に臭いの発生を遅らせます。

また、化学的な香りが気になる女性にうれしい、天然生まれの香りを配合した「ファブリーズナチュリス」が誕生。インテリアに溶け込むおしゃれなクリアボトルと、やさしさとエキゾチックさが織り成すオーガニックな香りが楽しめます。


汗の臭いと思っていたのは、じつは、雑菌の臭い。原因と対策を知っていれば落ち着いて臭いにも対処できますね。天然生まれのやさしいファブリーズと一緒に香りケアをはじめましょう。