ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
換気扇掃除は、やっぱり「簡単」が成功のヒケツ!
出典 : Nadir Keklik/Shutterstock.com

換気扇掃除は、やっぱり「簡単」が成功のヒケツ!

掃除の中でもとくに面倒なのが換気扇。でも、全体的に黄ばんできたり、油が垂れてきたら、見た目も悪いうえ、不衛生です。簡単に掃除ができれば、そこまで放っておかないのに・・・。そう思うママたちに、比較的手軽で効果的な掃除方法を紹介します。

  • 創文舎 arisa_125

換気扇にも種類がある!? シロッコファンとプロペラファン

換気扇にも種類がある!? シロッコファンとプロペラファン

ben bryant/ Shutterstock.com

キッチンの排気設備といえば換気扇。ヒモを引っ張るとプロペラがまわる、昔ながらのプロペラファンを思い浮かべる人も多いと思いますが、とくに、最近の集合住宅ではあまり見かけることがなくなりました。それに代わって登場したのが、レンジフードと呼ばれるシロッコファンです。プロペラがむき出しになったタイプと違い、近頃はデザイン性の高いものも多く、設置する場所を選ばないため、人気が高まっています。とはいえ、価格や性能面、掃除のしやすさなどにおいて、どちらもメリットとデメリットがあります。まずは、両者の違いを紹介しましょう。

プロペラファン(換気扇)

屋外に面している壁にしか設置できないため、おもに戸建てや木造の建物に使われています。取り付けが簡単で価格が安いのにもかかわらず、排気量が大きいのが魅力です。ただ、シロッコファンに比べ、音が大きく、風の強い日には排気量が落ちてしまうほか、使っていない時に外気が入ってきたり、外の音が聞こえるのも欠点といえるでしょう。

プロペラファン(換気扇)

Kanate/ Shutterstock.com

シロッコファン(レンジフード)

最近の住宅に排気設備として導入されているのがレンジフード。見た目もおしゃれで、プロペラファンのように屋外に面していない壁にも設置可能。調理場全体をおおうように取り付けられているため、効率よく換気でき、電気代がプロペラファンより安く、音も静かと、多くのメリットがあります。一方、デメリットとしては、プロペラファンよりやや吸い込む力が弱く、部品が多いため掃除がタイヘンな点などが挙げられます。

軽度の換気扇汚れを簡単に掃除する方法

換気扇、レンジフードともに、取り外してから掃除をするのが基本です。掃除を怠れば怠るほど、油汚れが頑固になるため、定期的な掃除をおすすめします。軽度の汚れなら、洗剤だけで簡単にきれいになります。

軽度の換気扇汚れを簡単に掃除する方法

Africa Studio/ Shutterstock.com

換気扇の掃除方法

取り外しやすく、部品が少ないので比較的ラクに掃除ができます。プロペラファンを取り出す時は、あらかじめ新聞紙などを敷いておきましょう。

手順

1.プラグを抜いてからカバーを外し、プロペラファンを取り外します。
2.取り外した後、換気扇本体の汚れは洗剤を含んだ雑巾を使ってきれいに拭き取ります。本体は電子機器のため、水に濡れないよう注意しましょう。
3.プロペラファンに直接洗剤を吹きつけ、少し時間を置きます。洗剤は酸性の油汚れに効果があるアルカリ性の洗剤を用意しましょう。
4.スポンジでこすってみて、油が取れたら、全体をこすって汚れを落とします。細かい部分は古歯ブラを使うといいでしょう。
5.汚れが落ちたら、乾拭きをして本体に取り付ければ完了です。

換気扇の掃除方法

tamu1500/ Shutterstock.com

レンジフードの掃除方法

レンジフードは、いくつかのパーツと部品があるので、なくさないことと、取り外す順番を覚えておくことが大切です。そうしなければ、元に戻す時に苦労してしまいます。説明書を見ながら進めるのがおすすめです。なお、普段はレンジフードまわりと、フィルターを掃除すれば十分です。ここではシロッコファンの掃除についても紹介していますが、年2回程度掃除すればOKです。

手順

1.電源がオフになっているか確認し、一つずつ部品を外していきます。
2.外したレンジフード、フィルター、シロッコファン、ネジなど細かな部品をそれぞれ掃除していきますが、油汚れが少ないレンジフードの外側は食器用洗剤などの中性洗剤で拭けばきれいになります。
3.フィルターは広げた新聞紙の上に載せ、アルカリ性の洗剤を吹きつけ、しばらく置き、油が浮いてきたところでスポンジや古歯ブラシでこすって汚れを落とします。
4.シロッコファンは、つけ置きするのがもっとも効率的です。アルカリ性の洗剤を溶かしたお湯に30分程度つけ置きした後、専用のブラシや古歯ブラシを使えば簡単に汚れを落とすことができます。この時、ネジなども一緒につけ置きしておくと汚れが取れやすくなります。
5.外した部品をすべてきれいにしたら、順番に元に戻せば完了です。

レンジフードの掃除方法

west_photo/ Shutterstock.com

しばらく掃除をしていない換気扇には「重曹」が有効!

換気扇掃除は換気扇を取り外すこと自体が面倒ですが、汚れがスムーズに落ちればむしろ気持ちがいいものです。問題は、洗剤では落ちない頑固な油汚れ。こすってもこすってもきれいにならないと、時間ばかりがかかってしまい、体力も消耗してしまいます。何より、換気扇掃除に嫌悪感を抱き、ますます掃除をしなくなってしまいそうです。そうならないよう、重曹を使って、頑固な油汚れを効率よく落としていきましょう。重曹は安価な点も魅力です。

レンジフードのフィルターには粉の重曹

重曹は水を使わない方が油と馴染みやすいので、フラットなフィルターには重曹を粉のまま使いましょう。広げた新聞紙の上にフィルターを載せ、2~3時間ほどそのまま置くだけ。時間がきたら、布でこするだけで茶色くこびりついた油汚れがスルリときれいになります。最後にスポンジを使って水洗いし、水分を拭き取れば完了です。

プロペラファンには重曹ペースト

凹凸のあるプロペラファンにこびりついた油汚れには重曹ペーストがおすすめです。水3:重曹1の割合でつくった重曹ペーストをプロペラ部分に塗り、30分~1時間程度放置してから雑巾で拭き取れば、重曹と油が固まって汚れがポロポロと落ちてきます。汚れが取れたら、水洗いして乾かせばOKです。

シロッコファンのつけ置きには重曹水

45℃程度のお湯10lにカップ1杯の重曹を溶かし、シロッコファンを30分から1時間程度つけ置きします。つけ置き後は専用のブラシや古歯ブラシで汚れを取りましょう。

頑固な換気扇汚れは、セスキ炭酸ソーダで簡単お掃除

重曹もセスキ炭酸ソーダもアルカリ性ですが、より強力なのがセスキ炭酸ソーダです。そのため、重曹を使って落ちない時はセスキ炭酸ソーダを使えば、おもしろいように汚れが落ちます。何年も放置し、見るからに頑固そうな油汚れは最初からセスキ炭酸ソーダを使った方が、時短になるかもしれません。ただし、使う時はゴム手袋を着用するのを忘れないようにしましょう。
●セスキ炭酸ソーダ水・・・水500ml:小さじ1の割合でつくります。スプレーボトルに入れて洗剤代わりに使います。
●つけ置き・・・水10l:セスキ炭酸ソーダ60gの割合でつくります。

換気扇がきれいになったらキッチンを丸ごと消臭

換気扇やレンジフードの掃除が終わったら、次は消臭対策です。暖かくなると、気になってくる三角コーナーや排水口の臭い・・・。キッチンの臭いを丸ごと取り除くなら「ファブリーズ 部屋用置き型 キッチン専用」がおすすめです。独自に開発したニオイキャッチャーゼリーが臭いの原因菌に直接働きかけるため、腐敗臭はもちろん、油の臭いや調理臭が残る心配もありません。カビの臭いにもよく効く森林フィトンと呼ばれる成分が含まれいるので、湿度の高い時期も安心です。

ファブリーズ 部屋用置き型 キッチン専用

ファブリーズ 部屋用置き型 キッチン専用

換気扇やレンジフードの掃除は、表面だけ拭いて終わりというわけにはいきません。何年も掃除をしないと、油とホコリが塊になって、万が一引火してしまうと火災の恐れもあります。最悪の場合とはいえ、そうならないよう、最低でも年に1~2回は大掃除をして油汚れを取り除きましょう。