ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
キッチンタイプの基礎知識! 人気のキッチンタイプは?
出典 : Monkey Business Images/Shutterstock.com

キッチンタイプの基礎知識! 人気のキッチンタイプは?

キッチンにもタイプがあるって知っていましたか? 家族の顔を見ながら料理がしたい、収納が多いからキッチン全体を隠したい・・・など、希望も用途もさまざま。新築やリフォームを考えている人も、そうでない人も、知っておきたいキッチンタイプについて紹介します。

  • 鈴木

どんなキッチンタイプがある?

どんなキッチンタイプがある?

nd3000/Shutterstock.com

キッチンは、レイアウトによっていくつかのタイプに分けることができます。
「対面キッチン」や「アイランドキッチン」などという呼び方を聞いたことがある方も多いと思いますが、それ以前に大きく4つに分けられることを知っておくと、新築やリフォームを考える場合、役に立ちます。
それは「オープン」「クローズド」「セミオープン」「オープン対面」の4つです。それぞれどういったタイプでしょうか。

●オープンタイプ
キッチン(調理場)とダイニングに仕切りが無いタイプ。キッチンは壁付になります。開放感が特徴ですが、キッチンが丸見えになってしまうので、整理整頓やお掃除が欠かせません。また、油などのニオイがダイニングに広がってしまう点はデメリットといえます。

●クローズドタイプ
キッチンとダイニングが分かれているタイプです。キッチンが独立していることから「独立型」とも呼ばれます。キッチンにいると他の部屋の状態がわかりにくい、閉鎖された空間になりますが、その分、料理に集中できます。人目を気にせず、使い勝手の良い空間にすることが可能です。また、ニオイや煙が他の部屋にいきにくいというメリットもあります。

●オープン対面タイプ
シンクやコンロをダイニングやリビングに向けて設置し、対面するタイプを対面式キッチンと呼びます。対面式で、吊り戸棚などをつけずにシンク上をオープンにしたタイプをオープン対面タイプといいます。料理をしながら会話が出来るというメリットもあり、アイランド型やペニンシュラで知られる人気のあるタイプです。

●セミオープンタイプ
キッチンとダイニングの間にカウンターや壁など何らかの仕切りがありながら、適度に開口部を設けることでダイニングやリビングが見通せるようになっているタイプです。対面キッチン・カウンターキッチン、「半独立型」とも呼ばれます。セミオープンタイプのメリット・デメリットについては、オープンとクローズドの折衷といえます。

キッチン選びのポイントは? 

キッチン選びのポイントは? 

g-stockstudio/Shutterstock.com

それぞれのキッチンタイプにそれぞれの特徴があり、どのタイプが良いか悪いかは一概にはいえませんが、キッチンを選ぶ際のポイントはあります。
それは、家族のライフスタイルや自身の調理シーンを考えることです。料理に専念したいのか、調理をしながら家族とコミュニケーションをとりたいのか、調理のニオイが伝わるなどのリスクをもっても開放感のあるキッチンにしたいのか・・・。それぞれの生活や作業の仕方、こだわりポイントを考えてみると、どのタイプにするべきかが見えてきます。また、料理する人の性格もキッチン選びのポイントになります。

たとえば、料理に集中したい人や片付けが苦手に向いているのが独立型のクローズタイプのキッチンです。
子どもから目を離せない人や家族と会話しながら料理したい人は、対面タイプのキッチンがいいでしょう。
2人以上で料理することが多い人や片付け上手な人はアイランド型など回遊性のあるオープン対面キッチンがおすすめです。まわりが区切られていないため、自由に出入りができます。

人気の対面キッチン、種類・メリット・デメリット

人気の対面キッチン、種類・メリット・デメリット

santypan/Shutterstock.com

キッチンのすべてが丸見えになるのは抵抗あるのでほどよく隠したい、調理中でも家族とのコミュニケーションを楽しみたいといった願いを叶えてくれることから近年人気を博しているのが対面キッチン」です。
ひとくちに対面キッチンといってもじつはいろいろなタイプがあるんです。そこで人気の「対面キッチン」のついて、おもな種類とそれぞれのメリットとデメリットについて詳しく紹介! 


●アイランドキッチン
オープンキッチンの代名詞ともいえるのがアイランドキッチンです。「アイランド」とは島のこと。吊り戸棚などがなく、シンクやコンロが部屋の中で島のようになっている四方をオープンにしたキッチンタイプのことをアイランドキッチンと呼びます。
アイランドキッチンのメリットは、対面キッチンの中でも抜きんでた開放感です。
また、島のようになっているわけですから、島をまわって行き来することができます。料理などをテーブルに運ぶ時の自由度が高く、複数人で運ぶ場合も便利です。作業スペースも広く準備や片付けの時短につながります。
ただし、アイランドキッチンは大きく面積があるため、かなり広いスペースが必要となります。狭いダイニングをアイランド仕様にしてしまうと、むしろスペースを圧迫されることになってしまうので注意しましょう。また、油はねやニオイも部屋に広がりやすく、目隠しがないので、キッチンは常にキレイにしておく必要があります。

●ペニンシュラキッチン
「ペニンシュラ」とは半島を意味し、ペニンシュラキッチンとは、コンロやシンクのアイランドが、左右どちらか一方が壁についた対面キッチンのことです。開放感がありながら、アイランドキッチンよりも間取りの制約が少ないため実用的といえます。また、コンロの横に壁があるのでアイランドキッチンよりも油汚れに強いというメリットもあります。
ただ、アイランドキッチンと比べると開放感は落ちてしまい、片側が行き止まりになるため、人の導線が限られます。

●I型キッチン
コンロからシンクまでが横一直線に並んでいるキッチンをI型キッチンといいます。
対面タイプのI型キッチンは、キッチンの前にカウンター(腰壁)ができるので、セミオープンキッチンと呼ばれています。家の中を見渡せ、コミュニケーションをとりつつ、カウンターの仕切りを高めに設定することで、調理の手元やキッチンまわりの生活感を隠すことができます。使い方や要望によってカウンターの仕切りの高さを調節できる点がメリットといえます。
カウンターの仕切りの分、開放感が減ってしまうのがデメリットでしょう。

●L型キッチン
L型キッチンはその名のとおりキッチンをL字型にしたキッチンのことです。従来のL字型といえば、壁付けになっているタイプがほとんどでしたが、昨今では、一方をダイニング側に向けて対面式にしたL字型がポピュラーになってきました。
I型に比べると作業スペースが広く取れるため、移動が楽です。料理好きで広いスペースで効率的に調理したい人に最適。ただ、コーナー部分がデッドスペースとなるため、収納として使いにくいというデメリットがあります。また、想像以上にスペースが必要で、L型キッチンのためにダイニングスペースが狭くなってしまったということにならないよう注意が必要です。

キッチンのニオイ対策は、プラス消臭剤で!

ファブリーズ部屋用置き型—無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型—無香・靴箱専用・キッチン専用

開放的でコミュニケーションを取りやすいことから人気のオープン対面キッチンですが、やはり気になるのはダイニングやリビングへ漂ってくるニオイです。換気扇の使用は不可欠としても、それだけでは不十分。そこで、香りに頼らないほんものの消臭剤「ファブリーズ部屋用置き型-キッチン専用」を使ってみてはどうでしょう?
ファブリーズ独自のテクノロジー「ニオイキャッチャーゼリー」で、あきらめかけていたニオイも元からスッキリ消臭。ファブリーズW消臭は、ニオイキャッチャーゼリーがしっかり消臭した上に、森林フィトンが放出されカビの元に直接働きかけます。※森林フィトンとは植物に存在するのと同じ成分を合成・配合したものです。
使い方は、その名のとおり置くだけです。縦に置いて、横に置いて、寝かせて置いて、3タイプの置き方ができる、どこにおいても邪魔にならないスッキリデザインです。

キッチンは間取りによって3つのタイプがあり、そのうちのひとつ、オープンキッチンに属する人気の対面キッチンも種類がいろいろ。それぞれにメリットとデメリットがあるので、生活スタイルに合わせて最適なキッチンを選びましょう!