ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
畳掃除の正しい方法は? 寝ころびたくなる和室にしよう
出典 : milatas/Shutterstock.com

畳掃除の正しい方法は? 寝ころびたくなる和室にしよう

畳の正しい掃除方法を、あなたは知っていますか? 畳を傷めず汚れを落とす掃除方法をマスターして、和室をいつも快適に保ちましょう。やってはいけないNG掃除や、気になるカビ・ダニの対策方法についても紹介します。

  • kawase

畳ケアの基本は、ほうきを使った掃き掃除

畳ケアの基本は、ほうきを使った掃き掃除

sotopiko/Shutterstock.com

畳の掃除にもっとも適した掃除用具は、「ほうき」。目の隙間や縁の凹凸に穂先が入り込み、詰まったゴミも気持ちよくかき出すことができます。
使うほうきの種類は、屋内用の棕櫚(シュロ)のほうきか、ほうき草を使って作られた座敷ほうきがベスト。どちらも穂先がやわらかく、よくしなるのが特徴です。
ほうきで畳を履く時は、畳の目に沿って丁寧に行いましょう。ザッザッと音を立てて強く掃くと、ホコリをまき散らしてしまううえ、デリケートな畳の目を傷める恐れも。掃き終わりを止めるようなイメージで、やさしく撫でるように掃きましょう。

もし、お茶を飲んだ後の茶殻があれば、水気を絞って畳の上にまんべんなくまいてから掃き掃除を行うとさらに効果的。目の隙間に入ったホコリや花粉を茶殻が吸着してくれるため、汚れを空中に舞い上げずに効率よく掃除することが可能です。
ただし、あまり細かい茶葉を使うと、細かな破片が目の隙間に入り込んでしまう可能性があります。また、水気の絞りが甘いと、畳にお茶が染み込んでシミになってしまう恐れも。茶殻を使って掃き掃除を行う時は、「葉が小さすぎない茶殻を使うこと」「水気をしっかり絞ること」の2点を心がけましょう。

畳を傷めない掃除機のかけ方は?

畳を傷めない掃除機のかけ方は?

畳ともっとも相性のよい掃除用具はほうきですが、「室内用のほうきを持っていない」「ほうきを使ってじっくり掃除をする時間がない」という家庭も多いでしょう。その場合は、無理にほうきを使うことにこだわらず、掃除機を使ってお手入れしても構いません。

畳に掃除機をかける際にもっとも注意するべきポイントは、ほうきと同じく「目に沿ってかける」こと。また、目の奥のゴミを吸い込もうとヘッドを強く押し付ける行為も、畳の目や縁を傷める原因となります。掃除機をかける時は、背筋を伸ばし、畳からヘッドをほんの少し浮かせるようなイメージで丁寧に往復させましょう。畳と畳の隙間や、縁にたまった細かなゴミは、隙間用の細いノズルを使って吸い取ってください。

畳に「重曹&掃除機」はNG!

カーペットや絨毯の掃除方法のひとつに、「乾いた状態で重曹をまき、汚れに馴染ませてから掃除機で吸い取る」というものがあります。少ない手間で汚れをケアできる便利なテクニックですが、畳に応用するのはNG。畳に重曹をまくと、い草が黄色く変色したり、黒っぽいシミがついてしまう恐れがあるのです。
万一ひどく変色してしまった場合、元に戻すには畳そのものを張り替えるしかありません。畳に重曹を使用するのは、厳禁であると心得ましょう。

畳に潜むカビやダニへの対処法

畳に潜むカビやダニへの対処法

Phil McDonald/Shutterstock.com

畳にカビが生えた時は

はじめに、窓を開けて風通しをよくします。次に、市販の消毒用アルコールスプレーをカビの気になる部分にまんべんなく拭きつけましょう。10~15分程度そのまま放置したら、清潔な布で拭き取ります。
目の奥にもカビが生えている場合は、小皿などに注いだ消毒用アルコールに古歯ブラシを浸し、目に沿ってやさしくかき出してください。カビの量が多い場合は、同様の工程を繰り返します。
カビを取り除いたら、改めて消毒用アルコールをスプレーし、乾いた清潔な布で拭き取りましょう。目の奥までしっかりと乾けば、お手入れ完了です。

なお、カビの生えている部分に直接掃除機をかけるのは控えましょう。排気を通じ、カビの胞子を部屋の中にばらまいてしまう恐れがあるためです。

畳のダニが気になる時は

生きたダニは、掃除機で吸ってもほとんど駆除することができません。畳にダニが繁殖している恐れがある時は、次のような方法で対処しましょう。

●市販のダニ駆除剤を使う・・・「和室用」「畳用」と表記されているものを選びましょう。使用後は畳の目に沿って念入りに掃除機をかけ、死骸を取り除きます。1畳あたり40秒前後を目安に、ゆっくりとヘッドを動かすのがポイント。

●畳専門店に依頼し、熱乾燥処理をしてもらう・・・ダニは、50℃以上の高温に20~30分さらされることで死滅します。専門店に依頼して畳全体を加熱・乾燥してもらえば、薬を使わずに駆除することが可能です。

ダニの繁殖は、こまめな掃除に加え、室内の湿度を低く抑えることで予防することができます。畳のある部屋には洗濯物を干さない、一日に一度は換気をするといった工夫で、湿度を60%以下に保ちましょう。

畳に醤油が! ペットが粗相! こんな時、どう掃除する?

畳に醤油が! ペットが粗相! こんな時、どう掃除する?

minianne/Shutterstock.com

畳に汚れがついてしまった時は、放置せずすみやかに掃除することが大切です。汚れの種類ごとに、次のような方法で対処しましょう。

●醤油やジュース、ペットの粗相など液体の汚れ・・・急いで汚れを落とそうとタオルでごしごし擦ると、かえってシミを広げる原因に。液体をこぼした時は、すぐさま乾いたタオルを押し当てるか、塩・小麦粉・ベビーパウダーのいずれかをふりかけて水分を吸収させます。粉をまいた場合は、ほうきとちりとりで粉をかきあつめるか、掃除機で吸い取りましょう。最後に、濡らして固く絞った布で拭き取り、十分に乾かしてください。

●クレヨンによる汚れ・・・古歯ブラシに歯磨き粉をつけ、汚れのある部分をそっと擦ります。汚れが浮いてきたら、乾いた布でつまみ取るように拭き取りましょう。クレヨンの色がしっかりと落ちるまで同様の工程を繰り返したら、何もつけていない乾いた歯ブラシで目に詰まった歯磨き粉をかき出します。最後に、濡らして固く絞った布でしっかりと拭き取り、自然乾燥させてください。

●ガムが付着した時は・・・乾いた布にベンジンか除光液を染み込ませ、外側から内側へ寄せるように拭き取ります。目に詰まってしまった時は、タオルで当て布をした上からアイロンをかけ、ガムをタオルにくっつけて取り除きましょう。取り残した汚れは、爪楊枝や古歯ブラシでかき出してください。

畳の汚れを落とした後は、消臭剤で空気もきれいに

ファブリーズ部屋用置き型

正しいお手入れによって畳をきれいにしても、空気中に漂うニオイまでは消すことができません。掃除の仕上げには、消臭剤を使って和室の空気をリフレッシュしましょう。

ファブリーズのお部屋用置き型消臭剤なら、独自の技術で開発された「ニオイキャッチャーゼリー」が、嫌なニオイを元からしっかり消臭。換気のできない雨の日でも、思わず深呼吸したくなるさわやかな空気が持続します。
さらに、植物が持つ天然の殺菌成分を再現した「森林フィトン」が配合されている点もポイント。空気中に漂うカビの胞子に働きかけ、厄介なカビの発生を抑制してくれます。

液体ではなくゼリーを使っているため、もし畳の上に落としてもシミがつく心配がない点もうれしいところ。どんな部屋にも馴染みやすいすっきりとしたシンプルなデザインなので、和のインテリアにも違和感なくマッチします。

さらりと心地よい肌触り、踏みしめた時の程よい弾力性など、フローリングでは得られないいくつもの魅力を持っている畳。正しい方法でお手入れして、思わず大の字に寝ころびたくなるような、心地よい和室を維持したいですね。