ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
洗面所掃除のコツを知りたい! これで、洗面台も鏡もピカピカ
出典 : eurobanks/Shutterstock.com

洗面所掃除のコツを知りたい! これで、洗面台も鏡もピカピカ

洗面所は毎日使う場所ですが、掃除はどうしていますか? 洗面カウンターに洗面ボウル、排水口、蛇口、鏡と、掃除する箇所はいろいろありますが、汚れの種類が違います。そこで、それぞれの汚れに応じた掃除方法と、汚れを溜めないコツを紹介します。

  • 創文舎 arisa_125

まずは、洗面所につく汚れの種類を知ろう!

まずは、洗面所につく汚れの種類を知ろう!

wavebreakmedia/ Shutterstock.com

歯を磨いたり、手を洗ったりと、毎日何度も使う洗面所はその分汚れやすい場所です。とくに、洗面台はちょっと掃除を怠ると、黒やピンクの汚れ、ザラザラした手触りと、いろいろな汚れが付着し、不衛生きわまりない状態に。清潔を保ち、身だしなみを整えるために利用する場所が汚れていては気持ちのいいものではありません。

ただ、一般的な中性洗剤とスポンジを使って掃除をしても、汚れによっては落ちないものもあります。洗面所自体は、髪の毛やホコリなどが溜まりやすいので、床は掃除機を使って吸い取り、洗面台まわりは拭き掃除をすればOK! 洗面台については、汚れの種類と原因を知って、それぞれ適切な方法で取り除くようにしましょう。

黒カビ

黒カビは排水口の奥や洗面台と壁をつなぐコーキング剤などに見られ、そのままにしておくと洗面台の陶器部分にも広がってしまうことがあります。これは、空気中に浮遊しているカビが、洗面台に残った石けんカスや皮脂などを栄養分に繁殖したもので、一度発生すると除去するのがたいへんです。

黒カビ

kaninw/ Shutterstock.com

赤カビ

蛇口まわりや排水口などに見られる赤カビは、正式には「ロドトルラ」と呼ばれる酵母です。水分のある場所で繁殖し、あっという間に増えるのが特徴ですが、スポンジなどでこするとカンタンに落とすことができます。

水垢

鏡や蛇口に見られるうろこ状のシミ、陶器部分のザラザラが水垢による汚れです。水道水に含まれているミネラルやカルシウムが堆積すると、水垢になります。

石けんカス

石けんに含まれる脂肪酸と、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが反応してできる石けんカスは、正式には金属石けんといって、日々の積み重ねによってできる頑固な汚れです。汚れとわかる状態になったら、落とすのに苦労します。

あぶら汚れ(手垢・化粧品など)

手垢や化粧品、整髪料などによるオイリーな汚れが鏡、蛇口、陶器部分に付着しています。使う時に飛び散り、汚れが広範囲に及んでいる場合もあります。

洗面台を掃除する方法

たとえ面倒でも、汚れ別に掃除方法や洗剤を変えると、なかなか落ちなかった汚れがあっさりきれいになることも! むしろ、時短になって掃除の効率化を図れるかもしれませんよ。

洗面台を掃除する方法

Artbox/ Shutterstock.com

洗面ボウル

洗面ボウルには、おもに石けんカスや水垢が付着しています。ともにアルカリ性の性質を持つ汚れなので、酸性のクエン酸が効果的です。200mlの水に小さじ1杯のクエン酸を溶かし、クエン酸スプレーをつくります。それを洗面ボウル全体に吹きつけ、5~10分ほど放置し、汚れがやわらかくなってからスポンジでこすり落としましょう。水で洗い流してから、水気を拭き取れば完了です。

排水口

排水口には髪の毛や石けんカスなどのゴミが溜まるので、最初にそれらを取り除きます。奥の方をのぞくと、黒カビや赤カビなどの汚れやヌメリなども見られるため、重曹とクエン酸の合わせ技で一掃しましょう。アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を混ぜたものに水を注ぐと泡が発生するので、その原理を利用して汚れを落としていきます。まず、排水口に重曹の粉をたっぷりとふりかけてください。15分ほど放置し、少しこすって汚れを落ちやすくしておきます。続いて、コップ1杯の水に、小さじ1程度のクエン酸を混ぜたクエン酸水を重曹の上から流し入れます。すると、泡が発生するので、収まるまで待ってから水で流しましょう。残った汚れは、こすり洗いで落として完了です。

洗面カウンター

洗面カウンターには、手垢やクリームなどのあぶら汚れが付着しています。あぶら汚れは酸性なので、重曹水を使って掃除しましょう。コーキング剤にうっすら付着した黒カビにも効果的です。重曹水は100mlの水に小さじ1杯の重曹を溶かし、スプレーボトルに入れて使います。軽い汚れの場合は、重曹水を吹きつけた直後にスポンジでこすっても落ちますが、頑固な汚れは10分ほど放置してからの方が落としやすいでしょう。

鏡や蛇口についた水垢の落とし方

鏡や蛇口に見られる白っぽい水垢は、中性洗剤では落ちません。先述したように、アルカリ性の水垢にはクエン酸が効果的です。鏡や蛇口に付着した水垢はクエン酸水を含ませたキッチンペーパーを貼り付け、1時間程度そのまま放置した後、貼り付けたキッチンペーパーかスポンジを使ってこすり洗いすれば完了です。

毎日の「ちょこっと掃除」でキレイを維持する

洗面台に付着する水垢も石けんカスも、日々の使用による堆積が原因です。しかも、毎日使う洗面台には歯磨き粉、フェイスクリームなど、いろいろな汚れが付着し、排水口には髪の毛が詰まったりします。それを防ぐためにも、使った後の「ちょこっと掃除」を習慣づけましょう。「汚れが飛び散ったら、そのつど取り除く」「鏡や蛇口に水滴がついたら速やかに拭く」などのほか、手の届くところにスポンジを置いておき、朝顔を洗った後、洗面ボウルをササっとこすり洗いするだけでキレイを維持できます。

洗面所掃除の仕上げは、消臭対策で臭い(ニオイ)もスッキリ!

洗面所を隅々まできれいにした後は、消臭スプレーを使って気になる臭いを取り除いてしまいましょう。数ある消臭スプレーの中でも、おすすめは「ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト」です。ニオイキャッチャーが臭いの元に直接作用し、分解するため、イヤな臭いを一瞬にして消し去ってくれます。噴射後、素敵な香りが広がるのもうれしいですね。12畳程度の部屋なら10秒ほどスプレーするだけで効果があらわれるので、それより狭い洗面所ならあっという間に消臭してくれるはず。好みの香りをチョイスして、効果のほど実感してみませんか?

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

洗面所などの水まわりは、つねに水を使っているため汚れを洗い流してくれるイメージがありますが、逆にカビや菌が繁殖しやすいうえ、水そのものが汚れの原因となってしまう箇所です。汚れに気づいた時には、すでに頑固な状態になっていることが多いため、そうならないよう、普段からの対策が必要です。