ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
洗濯物が臭い・・・取れない臭い(ニオイ)を撃退する、おすすめの対策
出典 : beeboys/Shutterstock.com

洗濯物が臭い・・・取れない臭い(ニオイ)を撃退する、おすすめの対策

洗ったはずの洗濯物が、今日も臭い・・・なかなか取れないこの臭い 、いったいどうすれば消えるのでしょうか? 臭い発生の原因を知って、効果的な対策方法を探りましょう。

  • kawase

洗濯物の不快な臭い、その正体は「雑菌」⁉

洗濯物の不快な臭い、その正体は「雑菌」⁉

Inked Pixels/Shutterstock.com

取り込んだばかりの洗濯物から漂う、なんともいえないイヤ~な臭い・・・普段より念入りに洗っても、よい香りの柔軟剤を使っても取れないしつこい臭いに、辟易した経験のある人も多いはず。そもそも、洗ったはずの洗濯物から、なぜ臭いがするのでしょうか? その原因は、「モラクセラ菌」という雑菌なのです。

モラクセラ菌は、家庭の中のいたる所に生息している常在菌の一種です。洗濯では落としきれなかった汗などの汚れや、洗濯機そのものの汚れに潜み、部屋干しや日照不足で湿った状態が長く続くことによって増殖。その際に排出される「4メチル3ヘキセン酸」という化学物質が、独特のイヤな臭いを漂わせているのです。

厄介なことに、モラクセラ菌は「乾燥・紫外線に強い」という特徴を持っています。さらに、増殖するに従ってバリアのように折り重なるため、カンタンに洗い落とすこともできません。イヤな臭いのする洗濯物を天日干ししたり、洗い直したりしても状況が改善しないのは、菌の持つ特徴のせいだったのですね。
それでは、いったいどうすれば臭いを消すことができるのでしょうか? モラクセラ菌を退治し、さわやかな洗い上がりを実現するための対策方法を、「洗濯物」「洗濯機」「洗い方」の3つの角度から考えてみましょう。

洗濯物の雑菌退治で、しつこい臭いを解消

洗濯物の雑菌退治で、しつこい臭いを解消

Denys Niezhientsev/Shutterstock.com

はじめに、洗濯物に繁殖してしまったモラクセラ菌を退治するための方法を紹介します。

●脱水直後にアイロンをかける
モラクセラ菌は、60℃以上の高温にさらされると増殖しなくなることが分かっています。しかし、洗濯物をまとめて熱いお湯につけると、ひどいシワがついて取れなくなってしまうことも。そこでおすすめなのが、アイロンの熱で菌を死滅させる方法です。
脱水が終わったら、すぐに洗濯機から洗濯物を取り出し、中温(約150℃)でアイロンをかけましょう。洗濯物から蒸気があがり、乾きかけの状態になるまでしっかりと行うのがポイント。手間はかかりますが、菌を退治できるうえ、洗濯物が乾くまでの時間もぐっと短縮することが可能です。

●コインランドリーで乾燥させる
近くのコインランドリーに洗濯物を持ち込んで乾燥させるのも、有効な対策方法のひとつです。
家庭用の乾燥機では、洗濯物の温度が十分に上がりきらず、菌が生き残ってしまうこともしばしば。より強力なコインランドリーの乾燥機を利用すれば、一度にたくさんの洗濯物をしっかり除菌することが可能です。

●漂白剤でつけ置きする
アイロンがけもコインランドリーの利用も難しい時は、漂白剤を使ったつけ置きを試してみましょう。
まず、漂白剤を40℃前後のお湯に溶かします。次に、臭いが気になる洗濯物を30分ほど浸し、その後通常通りの方法で洗濯しましょう。
使用する漂白剤は、より除菌効果の高い粉末タイプのものがおすすめ。洗濯物の色落ちを防ぐため、酸素系の漂白剤を選ぶのが◎です。なお、2時間以上つけ置きしたり、50℃以上の熱いお湯と漂白剤を併用したりすると、洗濯物を傷めてしまう可能性があるため注意してください。

洗濯機のお手入れで、臭いの発生を予防

洗濯機のお手入れで、臭いの発生を予防

photopixel/Shutterstock.com

洗濯物にイヤな臭いがつくのを防ぐには、洗濯機そのものの汚れにも注目する必要があります。
洗濯機は、じつは汚れがとても溜まりやすい場所。洗濯層の裏側に洗濯物の汚れや溶け残った洗剤がこびりつき、カビが生えてしまうことも珍しくありません。
衣類やタオルをいくら除菌しても、洗濯機が汚れていたのでは台無しです。洗濯物に再び菌が繁殖する原因となりかねないうえ、最悪の場合はカビが洗濯物に付着してしまうことも。このような事態を防ぐためにも、洗濯槽を定期的に掃除する習慣をつけましょう。

洗濯槽をお手入れする頻度は、月に1回が目安です。市販の洗濯槽用クリーナーを使うか、漂白剤を湯に溶かして掃除しましょう。洗濯槽クリーナーを使う場合は、製品パッケージの指示に従ってお手入れします。漂白剤を使う場合は、洗濯槽を傷めにくい酸素系の製品を選び、次のような手順で実施してください。

●漂白剤を使った洗濯槽掃除の手順
1 洗濯槽やその周辺に付着している、見える汚れを取り除く
2 40~50度程度の湯を高水位まで溜める
3 酸素系漂白剤(水60lにつき、液体漂白剤500mlが目安)を溶かす
4 5分程度「洗い」運転を行う
5 そのまま3時間程度放置し、浴室用汚れ取りネットなどで浮いてきた汚れをすくい取る
6 通常の洗濯コース(洗い・すすぎ・脱水)で運転を行う
7 古タオルなどで洗濯槽の内側をぬぐい、庫内をよく乾かして終了

洗濯機の汚れを防ぐには

洗濯槽にカビや臭いがつくのを予防するには、日頃の心がけも大切です。次のようなポイントを意識して、汚れの蓄積を防ぎましょう。

●汚れた洗濯物を入れたまま長時間放置しない・・・湿気がこもり、洗濯槽にも衣類そのものにも菌やカビが発生しやすくなります。洗う前の洗濯物は、通気性のよい洗濯かごに入れておきましょう。
●洗濯機のフタは、できるだけ開けておく・・・通気性を確保することにより、カビや臭いの発生を防ぎます。ただし、家庭に乳幼児がいる場合は、指はさみや閉じ込めといった事故が起こらないよう、十分に注意してください。
●糸くずフィルターは、こまめに掃除する・・・フィルターに溜まったゴミを放っておくと、雑菌やカビが繁殖する原因に。できれば毎日、それが難しい場合でも3日に1度は掃除するのが理想です。

臭いの原因は洗濯方法にも。洗剤や水の使い方を見直そう

臭いの原因は洗濯方法にも。洗剤や水の使い方を見直そう

Vladeep/Shutterstock.com

続いて、洗濯物の臭いを防ぐための正しい洗濯方法について見てみましょう。洗濯物や洗濯機をしっかりキレイにしても、洗い方によっては再び臭いが発生してしまうこともあるのです。

●水の使い方
節約やエコのためには、風呂の残り湯を洗濯に利用するのが効果的です。しかし、人が浸かった後の残り湯には雑菌がいっぱい。残り湯を洗濯に使う場合は「洗い」のみに留め、すすぎには新しい水を使うのが鉄則です。

●洗剤の使い方
使い慣れた洗剤でも、目分量で使うのはNGです。洗剤の量が足りないと汚れをきちんと落としきれず、菌が繁殖することになりかねません。また、反対に量が多すぎた場合は、溶け残った洗剤が洗濯槽に付着し、カビを生じる原因となることも。洗剤は、洗濯物の量に合わせてきちんと計量する習慣をつけましょう。

●洗濯し終えた後は
雑菌は、湿気の多い環境が大好き。脱水が終わった洗濯物は、庫内に放置せずできるだけ速やかに干しましょう。風通しがよくなるよう筒状に干す、部屋干しの場合は除湿器の使用や扇風機の風を当てるなど、速く乾かすための工夫を取り入れるのも忘れずに。

仕上げの除菌スプレーで、イヤな臭いにサヨナラ! 

仕上げの除菌スプレーで、イヤな臭いにサヨナラ! 

ファブリーズ布用消臭スプレー

より確実に臭いを防ぐなら、洗濯物を干す直前に除菌スプレーを使うのがおすすめです。
ファブリーズの布用消臭スプレーなら、除菌成分が繊維の奥まですばやく浸透。日光よりも強力な除菌効果で、洗濯物に潜む雑菌を99.9%除菌してくれます。これまでに紹介した対策の数々を生き残ったしぶとい菌も、しっかりと退治することができますね。
柔軟剤の香りを邪魔しない無香タイプをはじめ、シトラスの香り、森林の香りなど、香りのラインナップが豊富に揃っている点もうれしいポイントです。シャツ一枚につき5~6回程度を目安にスプレーすれば、イヤな臭いのないさわやかな仕上がりを実現することができるはず。

何度洗っても消えないかに思えたしつこい臭いも、正しい方法で対策すればきちんと落とすことができます。洗濯機や洗い方にまで注目した多角的な対策で、臭いまでスッキリきれいな洗い上がりを目指しましょう。