ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「つけっぱなしがお得」って本当? 意外と知らない、お得なエアコン運用術
出典 : Violetblue/Shutterstock.com

「つけっぱなしがお得」って本当? 意外と知らない、お得なエアコン運用術

巷でよく聞く、「エアコンは24時間つけっぱなしがお得」という説。果たして本当なのでしょうか? 本格的な暑さが訪れる前に、賢いエアコン運用法について考えてみましょう。

  • kawase

「つけっぱなしがお得」の真偽は?

「つけっぱなしがお得」の真偽は?

Andrey_Popov/Shutterstock.com

電気代の節約というと、「照明や家電は、使う時以外はこまめに電源を切る」というイメージがあります。しかし、あまり頻繁にエアコンのオン・オフを繰り返すのは得策ではありません。
なぜなら、エアコンは、外気温と目指したい室温の差が大きい時、すなわちスイッチを入れた直後にもっとも多くの電力を消費するため。反対に、設定温度に到達した後の電力消費は比較的少なくて済みます。これを知らずに「涼しくなったら電源を切り、室温が上がった頃に電源を入れる」といった使い方を続けていると、節約どころか余計に電気代が上がってしまうこともあるので注意しましょう。

ただし、どんな状況下でもエアコンは常につけっぱなしにしておく方がお得だとはいい切れません。たとえば、空調メーカーのダイキン工業株式会社が行った「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」の消費電力を比較する実験 では、「日中35分間、夜間18分を超える外出を行う場合は、つけっぱなしよりも電源を切った方が消費電力が少ない」※という結果が出ています。

消費電力はその日の気温やエアコンの機種、住環境といった運転時間以外の要素にも左右されるため、35分と18分という数字はひとつの目安にすぎません。しかし、少なくとも「比較的過ごしやすい日の夜間に、一晩中エアコンをつけておく」「家に誰もいない状態が数時間続くのにエアコンをつけておく」といった行為は、避けた方が節約になりそうですね。

「つけっぱなしの方がお得」という説は、半分正しく、半分は誤りであるといえます。その日の気温や外出の予定に合わせて、つけっぱなしにするか否かを見極めましょう。

※この実験では、日中・・・9時~18時、夜間・・・18時~23時としています。

冷房、除湿、自動運転・・・お得なモードはどれ?

冷房、除湿、自動運転・・・お得なモードはどれ?

Nor Gal/Shutterstock.com

電気代を抑えながら部屋を涼しくするには、「冷房」「ドライ」「自動運転」をどう使い分けるのが効果的なのでしょうか。それぞれの機能の特徴や、節約するためのポイントを解説します。

●冷房
冷房機能には、温度や風力を自分好みに細かく設定できるという利点があります。しかし、消費電力を少なくしようと「弱風」で運転を開始すると、設定温度に到達するまでに余計な時間がかかり、かえって電気代が上がってしまうことも。電気代を抑えるためには、「初めは強風で素早く部屋を冷やし、設定温度に到達したら弱風に切り替える」のが正解です。

●ドライ(除湿)
ドライ機能には、「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2つの種類があります。
ドライによって湿度が下がる仕組みは、「部屋の湿った空気を吸い込んだ後、冷やして結露させることで水分を取り除く」というもの。その後、冷えた空気をそのまま部屋に送り出すのが弱冷房除湿、部屋が冷えすぎないよう適度に温め直してから送り出すのが再熱除湿です。

一般に、弱冷房除湿は冷房よりも使う電力が少ないといわれています。ただし、除湿はあくまでも湿度を下げることを目的とした機能であるため、猛暑の日には部屋をうまく冷やせない可能性も。
そして、一度冷えた空気を暖め直す再熱除湿は、冷房よりも消費電力が多くなるためあまり節約向きではありません。再熱除湿は、「室温をキープしたまま湿度だけを下げたい」というシチュエーションに絞って使うとよいでしょう。

●自動運転
エアコンの自動運転は、部屋の温度をもっとも効率良く下げるための風量をエアコンが自動で調節してくれる機能です。手動で風量を調整する場合に比べて手間もかからないうえ、より確実性が高い点が◎。温度調節が可能な場合は、高めに設定しておくとより高い節電効果を得られるでしょう。
近年では、「人がいる場所の周辺を優先して冷風を届ける」「風を遮る障害物を感知し、風向きを自動で調整する」など、電力のカットに役立つ優秀な機能を備えたエアコンも登場しています。自動運転機能の活用は、快適さと節約を両立するための近道になりそうですね。

エアコンを本当にお得に使うための方法は、機種の特徴や住環境、その日の気温や予定といった数々の項目から総合的に判断する必要があることが分かりました。本格的な暑さが訪れる前に、家族のライフスタイルに合う「わが家ならでは」の運用法をシミュレーションしてみませんか?