ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
土用の丑にはなぜウナギ? 旬だから・・・ではありません!
出典 : kazu326/Shutterstock.com

土用の丑にはなぜウナギ? 旬だから・・・ではありません!

毎年七月のごちそうといえば、土用の丑の日に食べるウナギ。土用とは、丑の日とは何のことなのか、そもそもなぜウナギを食べるのか、あなたは知っていますか? 身近なようで意外と知らない、「土用の丑の日」の由来を紐解いてみましょう。

  • kawase

「土用」「丑の日」って、どういう意味?

「土用」「丑の日」って、どういう意味?

redrabit/Shutterstock.com

「土用」とは、中国の「土旺用事」という言葉が省略されたもの。具体的には、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間、つまり季節が移り変わる時期のことを指す言葉です。

古代中国には、世の中にあるすべてのものは「陰」と「陽」、そして「木・火・土・金・水」の5つの要素によって成り立っていると考える「陰陽五行説」という思想がありました。
陰陽五行説では、春は木、夏は火、秋は金、冬には水が対応していると考えます。ひとつ余った「土」は、どの季節でもない時期=季節の変わり目の時期に当てはまるとされました。この「土」の時期のことを「土旺用事」といい、それが転じて「土用」と呼ばれるようになったのです。

そして「丑の日」とは、暦の中で十二支の「丑」に該当する日のこと。子・丑・寅・・・という干支は、年だけではなく、1日ごとにも細かく当てはめられているのです。

本来4回ある土用のうち、立秋の前にあたる夏の土用がことさら重要視されている理由は、一年の中でももっとも気候の変化が大きく、体調を崩しやすい時期であるため。電気も水道もなく、医療技術も未発達な時代においては、命の危機にもつながりかねない時期だったのです。
そのため、夏の土用の時期には、お灸をすえる、薬湯に入るなど、健康推進のためのさまざまな風習が生まれたといわれています。中でも丑の日には、瓜や梅など「う」のつく食べ物を食べることで、夏に負けない健康な体を得られるよう祈願するという習慣があったそう。

「あの人」が仕掛け人! 土用の丑の日にウナギを食べる理由

「あの人」が仕掛け人! 土用の丑の日にウナギを食べる理由

sasaken/Shutterstock.com

現在、スーパーなどでおもに流通しているウナギは、ほとんどが養殖ものです。今日では、技術の発展により、一年を通じて安定した品質のウナギを食べることができるようになりました。
しかし、養殖ではない天然ウナギの本来の旬は、冬眠を控えた秋から冬にかけての時期です。養殖技術のない時代において、さほど脂ののっていない夏のウナギの売れ行きは今一つ。昔のウナギ屋にとっては、夏は閑古鳥が鳴く悩ましい季節だったといいます。

かつては、人々に見向きもされなかった夏のウナギ。それがなぜ今日のような「ごちそう」に変わったのかについては諸説ありますが、もっとも有名なのは、江戸時代の学者・平賀源内がきっかけを作ったという説です。
ある夏、源内は知人のウナギ屋から「ウナギの売れ行きが悪くて困っている」と相談を受けました。すると源内は、「う」のつく食べ物を食べる「土用の丑の日」の風習と「ウナギ」を結びつけ、「本日は丑の日」と宣伝するようアドバイスしたといいます。
この方法が功を奏し、ウナギ屋は大繁盛。噂を聞きつけた他のウナギ屋も次々と真似をしはじめ、ついには日本全体に「土用の丑の日にはウナギ」という風習が根付いたということです。

事実、ウナギには、夏の疲労回復に効果的なビタミンやミネラルが豊富に含まれています。暑さがピークに差し掛かる土用の丑の日の頃に、暑気払いのためにウナギを食べるという風習は、とても理にかなっているといえるでしょう。

平賀源内の生きた江戸時代に比べ、遥かに厳しさを増した現代の夏。今年の土用の丑の日にもおいしいウナギを食べて、暑さに打ち勝つ元気を養いましょう。