ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
食卓に涼風を。夏の体に染み渡る「冷製スープ」3選
出典 : YuliiaHolovchenko/Shutterstock.com

食卓に涼風を。夏の体に染み渡る「冷製スープ」3選

暑さで食欲の失せがちな夏。無理なく栄養をとるなら、ひんやり感がおいしい「冷製スープ」を作ってみましょう。夏バテ中でも調理しやすい、カンタンなレシピを集めました。

  • kawase

やさしく甘い「コーンのヴィシソワーズ」の作り方

やさしく甘い「コーンのヴィシソワーズ」の作り方

●材料(2~3人分)
じゃがいも1個、玉ねぎ1/2個、スイートコーン(缶詰)100g、バター10g、洋風スープの素(顆粒)小さじ2、水1カップ、豆乳(無調整)1カップ

●作り方
1 じゃがいもの皮をむき、5mm幅の輪切りにする。玉ねぎは繊維にそって薄切りにする。
2 鍋にバターを溶かし、玉ねぎを焦がさないように炒める。しんなりと透き通ってきたら、じゃがいも・コーン・水・洋風スープの素を加え、蓋をしてじゃがいもがやわらかくなるまで煮る。
3 2をミキサーに入れ、なめらかになるまでかくはんする。
4 3を鍋に戻し、豆乳を少しずつ加えてよく混ぜる。塩・こしょう(分量外)で味を調え、冷蔵庫でよく冷やして完成。好みで、パセリやクルトンを散らしていただく。

とろりとした喉越しがおいしい、ほんのり甘いスープです。無調整豆乳を使うことで、食欲のない日にも食べやすいさっぱりとしたヘルシーな味わいに。濃厚さをプラスしたい時は、豆乳を同量の牛乳に置き換えるとよいでしょう。

ツナ缶でお手軽「冷や汁」の作り方

ツナ缶でお手軽「冷や汁」の作り方

●材料(2~3人分)
ツナ缶詰1缶、だし汁2カップ、豆腐(絹)半丁、きゅうり1本、すりごま(白)大さじ1、味噌大さじ2弱
【薬味】・・・大葉細切り、みょうが薄切り、青ねぎ小口切りなど適量

●作り方
1 きゅうりを薄い輪切りにし、塩(分量外)を揉みこんでしばらく置く。だし汁は冷蔵庫に入れるか、氷水に当ててよく冷やしておく。
2 豆腐を手でざっくりと崩し、キッチンペーパーを敷いたザルに入れて水気を切る。
3 味噌をアルミホイルにのせ、表面を平らにならす。オーブントースターに入れ、焼き目がつくまで5分程度焼く。
4 3の味噌をボウルか鍋に入れ、冷やしておいただし汁を少しずつ加えて溶きのばす。1のきゅうりの水気をぎゅっと絞る。
5 4に、軽く汁気を切ったツナ、きゅうり、豆腐、すりごまを加えて完成。好みで薬味をのせていただく。

宮城県などの郷土料理「冷や汁」をアレンジしたレシピです。本来は焼いてほぐしたアジの干物を使いますが、ツナ缶で代用することでお手軽に。そのまま食べるのはもちろん、冷やご飯やそうめんにかけてもよく合います。

和西融合!? 「和風ガスパチョ」の作り方

和西融合!? 「和風ガスパチョ」の作り方

●材料(2~3人分)
トマト(大玉)2個※、焼き麸ひとつかみ、豆腐(絹)50g、カニ風味かまぼこ70g、だし汁50ml、薄口しょう油小さじ1、ポン酢小さじ1、オリーブオイル少々

※トマトは、ファスナーつき保存袋に入れてあらかじめ冷凍しておく。

●作り方
1 冷凍トマトを水につけ、皮をむく。その後、ヘタを取り除いてざく切りにする。
2 1のトマト、焼き麩、カニ風味かまぼこの半量、豆腐、だし汁をミキサーに入れ、なめらかになるまでかくはんする。
3 薄口しょう油、ポン酢を加え、塩(分量外)で味を調える。
4 スープを器に注ぎ、オリーブオイル少々を垂らす。残りのカニ風味かまぼこをトッピングして完成。

カニ風味かまぼこは、よりカニに近い風味を再現したものを選ぶと◎。ホタテ缶やカニ缶を使うと、よりリッチな味わいに仕上がります。食べる直前にオクラやコーン、パプリカといった色鮮やかな野菜を飾り、おもてなし仕様にするのもおすすめです。

冷蔵庫から出してすぐに食べられる冷製スープは、作り置きにもぴったり。夜に調理して冷蔵庫に入れてから就寝すれば、翌朝パンやご飯を添えるだけでおいしい朝ごはんを食べることができますよ。