ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
エアコンの掃除頻度は年1回! ただし、フィルター掃除は月2回がベスト
出典 : Butsaya/Shutterstock.com

エアコンの掃除頻度は年1回! ただし、フィルター掃除は月2回がベスト

エアコンの掃除は必要? 頻度は? 自分でできるエアコン掃除の方法とともに、掃除をしなければどうなるか、買い替え時期はいつかなどの情報もあわせて紹介します。本格的な分解掃除はプロに任せましょう。

  • 創文舎 arisa_125

エアコンの掃除をサボるとどうなるの?

エアコンの掃除をサボるとどうなるの?

Maksym Bondarchuk/ Shutterstock.com

エアコンがフル稼働する季節が間近に迫っていますが、お宅のエアコン、掃除したのはいつですか? 「いつ掃除をしたか思い出せない」「購入してから1度も掃除をしたことがない」という家庭は要注意!

エアコンは、部屋の中の暖かい空気を吸収し、外へと追い出すことで部屋を涼しくしてくれます。空気中にはホコリやチリが含まれているため、それらがエアコン内部に堆積し、冷気を送り出す際に起こる結露によってカビも発生します。その状態でエアコンを運転するとどうなるか、想像がつきますよね。

久しぶりにエアコンのスイッチを入れた時に感じるあの不快な臭いは、内部に潜んでいたホコリやチリ、そしてカビの臭いなのです。そのまま吸い続けると、体に悪影響が及ぶのは言わずもがな。とくに、アレルギー体質の人は症状を悪化させることにもなり兼ねないので、注意が必要です。

しかも、影響があるのは体だけではありません。内部が汚れたエアコンは風通しが悪いため、運転効率が下がり、電気代が余計にかかってしまうばかりか、故障の原因となり、寿命を縮めてしまうことも! 購入してからまだ数年しか経っていないのに、買い替えが必要となれば、家計へのダメージはけっして、小さくありません。本格的な稼働の前に、重い腰を上げて、エアコン掃除にチャレンジしてみませんか?

自分で行う掃除の頻度は月2回

エアコン掃除といっても、本格的に行うとなると時間も体力も必要です。そのうえ、構造をよく知らない素人がエアコンを分解するのはとても危険! 下手すると、部品をなくしたり、壊してしまうかもしれません。安く済まそうと思って自分でやって、結局買い替えるハメになっては元も子もありません。自力掃除はフィルターまでと割り切って、本格的な掃除はプロに任せるのがベストです。

自分で行う掃除の頻度は月2回

Proxima Studio/ Shutterstock.com

自分で行うエアコン掃除の手順

フル稼働するシーズンの掃除は月2回が理想です。メインはフィルター掃除ですが、エアコン内部も自分で取れるホコリは除去しておきましょう。フィルターのはずし方はメーカーによって異なるので、取扱説明書に従って行うようにしましょう。

掃除方法

1.エアコンの電源は切っておきます。
2.ハンディモップを使って外側や内側のホコリを取ります。
3.フィルターをはずします。
4.掃除機でフィルターに付いたホコリを吸い取ります。
5.浴室でフィルターに残った汚れをブラシで取り除き、水洗いします。
6.乾燥させてから元に戻せば終了です。

プロによるエアコンクリーニングの頻度は年1回

エアコンを使うシーズンは、月2回の頻度でフィルター掃除を行えば不快など臭いを防ぐことができますが、根本的にきれいにするには、大がかりな掃除も欠かせません。とはいっても、自分で行う掃除と違って、大がかりな掃除は年1回でOKです。時期は、春か秋がベスト。昨シーズンの汚れを取ってから夏を迎えるか、使った後の大掃除として秋に行うか、好みやスケジュールに合わせて、プロに依頼しましょう。価格は1台につき1万円~1万5000円程度が主流です。なお、「お掃除機能付きエアコン」は掃除をしなくてもいいと思いがちですが、それはフィルターのみ。本体はしっかり掃除する必要があります。価格は一般的なエアコンより少し高めの設定となっています。

プロによるエアコンクリーニングの頻度は年1回

Africa Studio/ Shutterstock.com

異音がする、臭いが取れない時は、修理? それとも買い替え?

内閣府経済社会総合研究所が2017年に行った消費動向調査「主要耐久消費財の買い替え状況の推移(二人以上の世帯)」によると、エアコンを買い替えるまでの平均使用年数は13.6年で、買い替えの理由は65.2%が故障と回答しています。エアコンが故障した際、修理に使う性能部品の最低保有期間も10年以内のところが多く、やはり10年が買い替えの目安となるようです。

こんな症状が出たら要注意!

使用頻度が極端に高かったり、掃除を怠ってたびたび故障を招くなどの理由で寿命が短くなることがあります。次のような症状が出たら買い替えの目安となるため、使用年数を考慮し、疑わしい時は、メーカーの修理サービスなどに電話して点検してもらうようにしましょう。

異音がする

キュルキュル、ポコポコなど、エアコンから変な音がすることがあります。急に大きな音がしたら室内機の送風ファンか、室外機のコンプレッサーの故障が考えられます。なお、異音がしてもすべて故障とは限りません。

イヤな臭いがする

フィルター掃除をしていればある程度は防げますが、それでも臭うようであれば送風ファンや熱交換器の周囲にカビが発生している可能性があるため、業者にクリーニングを依頼する必要があります。

冷えない・暖かくならない

冷風や温風が出ない場合は、冷媒ガスが漏れている可能性があるため、修理が必要です。また、フィルターがホコリで目詰まりを起こし、スムーズに送風できないのが原因かもしれません。そのままにしておくと故障につながるため、早めにフィルター掃除をしましょう。

室内機から水が漏れる

室内機から水が漏れている時は、ドレンホースの中が詰まっていたり、折れ曲がっている可能性があるため、修理が必要です。なお、この場合、本来はドレンホースから出るはずの水が室内機から出ているので、ドレンホースから水は出ていません。そのため、ドレンホースから水が出ているのにも関わらず、室内機から水が漏れるのは、内部の結露水が原因と考えられます。フィルター掃除をして様子を見ましょう。

エアコンの操作ができない

電源が入らない、温度調節ができないなど、エアコンの操作ができない時は、エアコン本体かリモコンに不具合が起きている可能性があります。購入からそれほど経っていない場合は、修理を依頼して様子を見ましょう。

エアコンの掃除が終わったら、仕上げにスッキリ消臭!

月2回のフィルター掃除でエアコンのイヤな臭いは防げますが、汗や生ゴミの臭いが気になる夏は、消臭対策が欠かせません。そんな時、「ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト」があれば万全です。独自に開発されたニオイキャッチャーが臭いの元に直接作用し、分解してくれるため、不快な臭いをあっという間に消し去ってくれます。12畳の部屋なら、わずか10秒程度噴射するだけでOK! エアゾールガスを使っていないので、噴射の力が弱まることもなく、最後まで均一にスプレーすることができます。もちろん、消臭効果が弱まることもありません。

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

気象庁によると、世界の年平均気温は少しずつ上昇しているといいます。湿度が高い分、より暑く感じる日本の夏はエアコンが欠かせません。熱中症を防ぐためにも、いつでも快適にエアコンを使えるよう、しっかり準備しておきましょう。