ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
台所の排水口が臭い! 原因と対処法を知って憂鬱な気分を吹き飛ばそう
出典 : kitzcorner/Shutterstock.com

台所の排水口が臭い! 原因と対処法を知って憂鬱な気分を吹き飛ばそう

台所の排水口から漂う臭いが消えないのはなぜ? シンク下や排水管を確認して、原因を突き止めましょう。原因を知れば対処法もわかるはず。そこで、原因別の対処法を紹介します。

  • 創文舎 arisa_125

台所の排水口が臭い原因とは?

台所の排水口が臭い原因とは?

Evgeny Atamanenko/ Shutterstock.com

キッチンの三角コーナーに溜まった生ゴミを処理し、シンクを洗ったら食後の後片付けは終了! あとは、お風呂に入って、寝る前のひと時を楽しむだけ・・・。そう思っているあなた、一つだけやり残していることがあります。それは、シンクの排水口掃除です。

カバーをかぶせると中が見えないため、普段はあまり意識することはありませんが、掃除を怠った排水口は、食材のカスなどを栄養分に雑菌が繁殖し、不快なヌメリとともに黒ずみが発生! そのままにしておくと、見た目だけでなく、悪臭の原因にもなってしまいます。ただ、この場合は掃除をすれば解消するため、それほど気にする必要はありませんが、問題なのはしっかり掃除をしているのに悪臭が発生するケースです。

考えられる原因は2つあります。一つは、排水管内の臭いです。長年キッチンを使用していると、排水管内に食材のカスや油が堆積し、それが原因で臭うことがあります。

もう一つは排水管のトラブルによるもの。排水管には排水トラップと呼ばれる臭い止めがついていますが、そこに不具合が生じると、本来なら防げるはずの下水の臭いが漏れ出すことがあります。また、排水管の劣化によっても同じ現象が起こる場合があり、ともに本来の機能を果たすよう、対処が必要です。

築年数が経過している家はいずれもあてはまりそうですが、新築や築年数が浅い家の場合、汚れによるものではなく、排水ホースのヒビ割れなど、設備の破損が臭いの原因かもしれません。そのままにしておくと水漏れが起きる恐れもあるので、素人判断をせず、プロに依頼するのが正解です。

排水口に堆積した汚れが原因の場合

シンクのタイプにもよりますが、排水口には生ゴミのカスを受ける網がついている場合がほとんど。網がいっぱいになるまで生ゴミを放置していると、腐敗が進み、雑菌やカビが繁殖するため、普段からこまめに掃除をしておきましょう。といっても特別なことをする必要はありません。食器を洗い終わったあとに、網に溜まった生ゴミを捨て、網と排水口周辺を、食器用洗剤を使ってササっとこすり洗いするだけでOKです。ここでは、臭いが気になるまで悪化させた場合の対処法と、普段の予防策を紹介します。

排水口に堆積した汚れが原因の場合

Paul Michael Hughes/ Shutterstock.com

重曹とクエン酸で排水口のヌルヌルを撃退!

1.排水口に重曹の粉をたっぷりとふりかけます。
2.コップ1杯の水に、小さじ1程度のクエン酸を混ぜたクエン酸水をつくり、重曹の上から流し入れます。
3.アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を合わせると泡が発生するので、発泡が収まるまで待ちます。
4.泡によって汚れが浮き上がってくるので、スポンジや古歯ブラシでこすり洗いし、水で流せば完了です。

アルミホイルで排水口の臭い(ニオイ)を予防

排水口に、2~3cm程度の大きさに丸めたアルミホイルを3個程度入れておきましょう。アルミホイルは濡れると、水と反応して金属イオンが発生します。金属イオンには細菌やバクテリアの繁殖を防ぐ働きがあるため、排水口のヌメリとともに、臭いを防いでくれます。

排水管内の汚れが原因の場合

長年にわたってため込んだ汚れは、そうカンタンには落とせません。食材のカスはもちろん、髪の毛なども絡みつき、頑固な汚れになって排水管内にこびりついています。市販のパイプクリーナーを使えば、強力な洗浄力により、臭いとともに、排水管の汚れもきれいになりますが、強力な洗剤は使いたくないという人も少なくないはず。そんな人のために、子どもがいる家庭でも安心な対処法を紹介します。

排水管内の汚れが原因の場合

Andrey_Popov/ Shutterstock.com

重曹と酢で排水管の汚れを一掃

1.2カップの重曹を排水口の中に投入します。
2.続いて1カップの酢を重曹の上に注ぐと、泡が立つのでそのまま1時間程度放置します。
3.60℃程度のお湯を注げば終了です。

アルミホイルでつくったブラシで排水管掃除

先述したように、アルミホイルは除菌や消臭に活用できます。アルミホイルを使ってブラシを手づくりし、排水管を掃除してみましょう。
1.アルミホイル、割りばし、セロハンテープ、輪ゴムを用意しましょう。
2.割りばしの一方に、適度な大きさに切ったアルミホイルを巻き付け、セロハンテープと輪ゴムを使って固定します。
3.排水口からこのブラシを差し込み、排水管の汚れをこすり落とします。
4.汚れが落ちたら、水で流せば終了です。

排水管から上がってくる下水臭が原因の場合

シンクの下をのぞくと排水管がありますが、そこに臭い防止の役目を果たす排水トラップと呼ばれるパーツがついています。排水管は下水へつながっているため、臭いだけでなく、害虫やネズミの侵入を防ぐためにも欠かせないアイテムです。排水トラップにはいくつか種類がありますが、S字型のタイプを例にとると、湾曲した部分に水(封水)が溜まることで、下水から上がってくる臭いを防止する仕組みとなっています。つまり、下水の臭いがするのはこのトラップに隙間が生じたため。隙間ができた原因がわかれば対処も可能です。

排水管から上がってくる下水臭が原因の場合

Yunava1/ Shutterstock.com

排水トラップの封水切れを防ぐ

長期間旅行で家を空けるなど、しばらくキッチンを使っていなかった場合、排水トラップ内の封水が蒸発し、排水管内に隙間ができ、下水道の臭いが上がってくることがあります。この場合は、水を流すだけで解決します。

パーツ間にできる隙間を埋める

シンク下の「排水管」と床下の「塩ビ管」のジョイント部分に問題がある場合も少なくありません。排水管が塩ビパイプに差し込まれたまま固定されていない時は、その隙間から下水道の臭いが漏れ出ていると考えられます。この場合は、それぞれのサイズに合った防臭ゴムと防臭カバーをつければ対処できます。ちょうどいいサイズの防臭ゴムや防臭カバーが手に入らなかった時は、シーリング材を使って隙間をふさぎましょう。いずれも、自分でできなければプロに任せるのが得策です。

キッチンの臭い(ニオイ)はこれがあれば万全!

排水口だけでなく、三角コーナーやゴミ箱、魚焼きグリルなども臭いの発生源となります。そのため、キッチンは、掃除と合わせて、消臭剤を用いた消臭対策も必須です。独自開発のニオイキャッチャーゼリーが空気中の臭い分子を吸収し、中和して消臭する「ファブリーズ 部屋用置き型」なら、キッチンに漂う臭いをすっきりと消し去ってくれます。カビの臭いに反応する森林フィトンと呼ばれる成分が含まれているので、あらゆる臭いに効果があるのが魅力です。

ファブリーズ 部屋用置き型

ファブリーズ 部屋用置き型

料理をつくる場所が臭いのは、気持ちのいいものではありません。見た目はもちろん、臭いが気にならないよう、衛生面に配慮して、清潔なキッチンをキープしましょう。食中毒が増えるシーズンは、しっかり掃除することが大切です。