ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
綿を洗濯すると縮むってホント? 上手に仕上げる方法と対策
出典 : Andrey_Popov/Shutterstock.com

綿を洗濯すると縮むってホント? 上手に仕上げる方法と対策

綿100%を家で洗濯すると縮むってホント? ウールと違って、洗濯機でガンガン洗えると思っていたら、それは下着やTシャツの話。知っておいて損はない、綿素材を洗濯する時の方法と注意点を指南します。

  • 創文舎 arisa_125

意外や意外! 洗濯の失敗が多いのが綿素材

意外や意外! 洗濯の失敗が多いのが綿素材

muratart/ Shutterstock.com

下着をはじめ、衣類はもちろん、タオル、ハンカチ、シーツと、ありとりあらゆる製品に利用されている綿は、今や私たちの生活に欠かせない素材です。その発祥は紀元前8000年とも5000年ともいわれていますが、日本に初めて伝来したのは奈良時代。ただ、庶民の間に広まるのは江戸時代に入ってからで、当時は日本でも綿花の栽培が盛んに行われていました。

その後、海外の安価な綿に押され、国内での生産量はどんどん減少し、現在はインド、中国、アメリカ、パキスタンが主要生産国となっています。木綿植物の種子からとれる綿毛を原料とした綿は、平坦に織ったり、タオルのように起毛させたり、また肌触りに違いを持たせたりと、変幻自在に扱えるため、用途の幅が広いのが最大の特徴です。

汗などの水分をよく吸収し、通気性、保温性、耐熱性にも優れているうえ、染色がしやすく、さらには価格も手頃なことから、日用品にはもってこい! 洗濯や漂白にも強いため、洗濯機でガンガン洗えるところも魅力です。いにしえの昔から世界中の人びとに愛され、親しまれてきたのもよくわかります。

ただし、過信し過ぎるのは禁物です。綿はじょうぶで使い勝手のいい素材ですが、洗濯機で洗っても失敗しないのは、タオルや下着、Tシャツ、ブラウス類だけ。たとえ、綿でもジャケットやパンツ類はかなりの確率で失敗してしまいます。意外にも、家での洗濯に失敗し、クリーニング店に相談に来るのは綿素材が一番多いそうです。

綿100%の衣類を洗濯すると縮むかも!?

綿の生地といっても、100%綿で使ったものから、ウールやポリエステルなど他の素材を混ぜた混紡タイプのものまでいろいろあります。それぞれ違った特徴を持っていますが、綿100%は縮みやすいのが最大のデメリットです。取り扱いに気をつけるためにも、それ以外のデメリットも押さえておきましょう。

綿100%の衣類を洗濯すると縮むかも!?

Ljupco Smokovski/ Shutterstock.com

デメリット1.縮みやすい

縮れた繊維をより合わせて糸にした綿は水に濡れると、乾く際に繊維が元の縮れた状態に戻ろうとするため、生地がシワになったり、縮んだりします。着用すると引っ張られて伸びるので、多少の縮みであれば気にする必要はありません。ただし、織り方などによって一度縮むと元に戻らないものもあるので注意が必要です。

デメリット2.毛羽立ちしやすい

着用したり、洗濯を繰り返すと、摩擦が起きるため、毛羽立ちしやすくなります。触れると毛玉によってザラザラしているのがわかります。見た目もよくないので、大切な衣類はなるべく摩擦を起こさないよう、気をつけましょう。

綿の洗濯は洗濯表示で確認することが大切

先述したように、綿は用途に応じた方法でつくられるので、糸のより方、織り方によって強度も変わってきます。同じ綿100%でも、一方は洗濯機可、もう一方は手洗いのみという場合も。間違って洗濯すると、シワや縮みだけでなく、風合いそのものを失うことにもなり兼ねません。洗濯の際は必ず洗濯表示をチェックするようにしましょう。それぞれ、洗い方のコツを紹介します。

綿の洗濯は洗濯表示で確認することが大切

Olha K/ Shutterstock.com

手洗いの手順

1.バケツや桶に水を入れ、水量に応じて洗濯液をつくります。
2.汚れた部分を表にして洗濯物をたたみます(たたむと傷みが少なくなります)。
3.たたんだ洗濯物をバケツや桶に入れ、汚れが目立たなくなるまで押し洗いします。揉んだり、こすったりすると生地が傷むので避けるようにしましょう。
4.すすぎは水で洗剤が出なくなるまで、繰り返し行います、
5.脱水は、洗濯ネットに入れて洗濯機で行います。10秒ほど脱水したら止めます。
6.風通しのいいところに干して終了です。

洗濯機で洗う手順

1.毛羽立ちを防ぐためにも、洗濯物はたたんで洗濯ネットに入れます。汚れた部分は表にしておきましょう。
2.ドライコースや手洗いコースなど、水流の弱いコースを選択します。大切な衣類には、おしゃれ着用の洗剤がおすすめです。
3.脱水は、10程度で止めます。
4.風通しのいいところに干して終了です。

こんな場合も、シワや縮みに要注意!

Tシャツやコットンパンツなどは、洗濯して縮んでも着用すればすぐに戻るのでそれほど気を遣うこともありませんが、次のような場合はシワや縮みに注意して洗濯する必要があります。

初めて洗濯する場合

新品の洋服を洗濯する時は、とくに注意すること。綿の洋服は「洗濯して縮み、着用して伸びる」を繰り返し、一定のサイズをキープすることになります。そのため、初めて水に濡らす場合、縮みが強く出てしまうことがあります。また、色ものは染料が溶け出す恐れもあるので、他のものと一緒に洗濯しないよう注意しましょう。

織り方・編み方が粗い場合

編んでつくったニットセーターや生地が薄いものは、粗く編んだり、織ってつくるため、洗濯をすると、目の隙間を埋めようと、縮みやすくなります。しかも、一度縮むと元に戻りにくいのが特徴です。

縮みやすい繊維との混紡の場合

ウールやレーヨンなど、縮みやすい繊維を混ぜてつくられた生地は一度縮むと元に戻すのが難しいという性質を持っています。最近は、混紡繊維が多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

乾燥機も縮む原因の一つ!?

ドラム式の洗濯乾燥機を使っている家庭も多いと思いますが、おしゃれ着などの綿製品を完全に乾かすと、かなりの確率で縮んでしまいます。また、Tシャツもプリントがついているものは避けること。乾燥機を使う場合は、半乾きの状態で取り出すのがコツ。縮みにくく、シワもある程度とれるので試してみましょう。これは、プロのクリーニング屋さんもよく使う裏技です。

乾燥機も縮む原因の一つ!?

brizmaker/ Shutterstock.com

洗濯した後のひと吹きで生乾きの臭いを予防

綿の衣類は長く脱水をかけてしまうとシワがついてしまうため、軽くかけるのが基本です。ただ、そうなると、梅雨のシーズンは生乾きが気になりますよね。そんな時は、除菌もできる消臭剤でイヤな臭いを防ぎましょう。2019年春に登場した「ファブリーズ ナチュリス」は、100%自然由来の香りを実現した消臭スプレーです。消臭力と99.9%の除菌力は従来品と同じなので、衣類に染みついた臭いをしっかり取り除いてくれるとともに、菌の繁殖も抑えてくれます。洗濯したすぐ後にスブレーすれば、生乾きの臭いも気になりません。ジャケットなど、マメに洗濯しない衣類は着用後にスプレーしておくと、翌日も気持ちよく着ることができます。女性たちのニーズを受けて誕生しただけあって、パッケージもおしゃれです。

ファブリーズ ナチュリス

ファブリーズ ナチュリス

肌の弱い子どもには汗の吸収がいい綿100%を着せたいのが親心。ただ、子ども服はプリントやレースがついていたりと、意外と繊細につくられています。今シーズンは着せられると思っていたのに、洗濯したらプリントがはげ落ち、ワンサイズ縮んで着せられなくなってしまった! なんてことにならないよう気をつけたいものですね。