ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
来客前の掃除は見た目が勝負! お客さま目線でポイントチェック!
出典 : violetblue/Shutterstock.com

来客前の掃除は見た目が勝負! お客さま目線でポイントチェック!

「今から行っていい?」お客さまから突然電話がきたら、短時間でできる来客掃除の出番です。汚部屋を短時間でキレイにするにはポイントを押さえた掃除が必須! お客様目線で見渡して効率よく掃除しましょう。

  • 創文舎 hamo

短時間で家をキレイにするならお客さま目線がポイント!

短時間で家をキレイにするならお客さま目線がポイント!

PR Image Factory/Shutterstock.com

30分後に突然お客さまが来ることに! あなたなら、どこから掃除しますか?
普段から、いつでもお客さまを迎えられるように、家の中をキレイにしていれば慌てずに済みますが、仕事を持つママや、子育て中のママは、忙しい毎日の中で掃除の時間を見つけるのもたいへん。
散らかった部屋を短時間でパパッとキレイにするには、どんな方法があるのでしょうか?

限られた時間の中で、家中を納得いくまで掃除するのは、所詮無理な話。
ここは、「お客さま」を迎えることに焦点を絞った、ポイントを押さえた掃除が有効です。

まずは、お客さまになったつもりで玄関から入り、自分が案内しようと思うルートをお客さま目線で歩いてみましょう。玄関で靴を脱ぎ、廊下を通りリビングへ・・・、お客さまが座る席に自分も座ってみて、辺りを見渡してみましょう。
ここまでお客さま目線で見てみて、気になったものや汚れを一つ一つ解決していきます。

普段の掃除の目的は、家の中を清潔・快適に保つことかもしれませんが、来客を目の前にした時間のない掃除は、お客さまに対し、失礼のない環境を作ることが第一。せっかく来てもらうのですから、できるだけ良い印象を持ってもらえるように、お客さまから見て「素敵」だと思える家にできるといいですね。

玄関やトイレ、水回りは要チェック

玄関やトイレ、水回りは要チェック

kazoka/Shutterstock.com

お客さまが最初に目にするのが、家の顔である「玄関」。第一印象として残る、最初の関門をそつなく時間をかけずに掃除していきましょう。

お客さまが最初に触れるのは、玄関の取っ手やインターホン。普段、気になってもすぐに掃除できない箇所だけに、汚れが溜まりがちです。マイクロファイバーの雑巾や、ウェットティッシュなどを使い、キレイに拭き上げておきましょう。
たたきに靴が出しっ放しになっていたら、とりあえず靴箱の中へ。傘なども傘立てに収納し、できれば、たたきには何も出ていない状態にしておきたいもの。玄関に鏡が置いてある場合は、ガラスクリーナーでキレイに拭いておきましょう。ついでに、靴箱の上もキレイにひと拭き。

次にキレイにしておきたい場所は、お客さまが使うことが多い、水回り。
洗面所やトイレなど、「ちょっと貸して」といわれそうな場所はあらかじめ掃除しておきましょう。水回りがキレイだと清潔な印象を持ってもらえます。

トイレは、便器の中が汚れていないかチェックして、手洗い器や便座、床などをトイレ用お掃除シートでサッと拭き、最後に手拭用のタオルを新しいものに交換しておきましょう。トイレットペーパーの補充もお忘れなく。

洗面所も使う可能性が高いところ。脱衣所と兼用になっている場合は、家族の衣類やバスタオルなど、あまり見てほしくないものは片付けておきましょう。
洗面所は、ヘアキャッチャーに髪の毛やゴミが残っていないか確認し、サッとスポンジで洗面ボウルを洗ったら、洗面台の水はねを拭き取り、鏡もガラスクリーナーでキレイに磨いて、手拭きタオルをトイレ同様新しいものに交換しておきましょう。

スッキリ見せのコツは隠し場所の確保

スッキリ見せのコツは隠し場所の確保

PR Image Factory/Shutterstock.com

リビングに座り、お客さまの目線から気になるものは、一時的にでもその場から片付け、部屋をスッキリ整えましょう。

本来は、しまうべき場所に片付けるのが基本ですが、あれこれ考える暇がない時は、とりあえず、空いている引き出しにしまったり、バスケットや大きめの袋など、家にあるものに片付けたいものを入れ、他の部屋へ移動。来客向けの片付けであることを割り切り、最短で雑多なものを隠してしまいましょう。

お客さまが帰ったら、一時的に避けたものを取り出し、ゆっくりあるべき場所に片付けると、本当の意味で部屋がスッキリ片付きますよ。

汚れを拭いてキレイに見せるピカピカポイント

汚れを拭いてキレイに見せるピカピカポイント

Andrey_Popov/Shutterstock.com

玄関・水回り・リビングの片付けが終わったら、最後の仕上げに拭き掃除。
手当たり次第に拭き掃除するのでは効率がよくありませんので、ここは、本来「ピカピカ」であるところを優先して拭き掃除していきます。

本来ピカピカであるべきところとは、テレビやオーディオなどの黒っぽい家電や、目の高さ以下にある照明器具のシェード、パソコンや鏡やガラスの類など、汚れていると目立つ、表面がツルツルしたもの。
これらを、静電気を利用したモップやドライシートなどでホコリを取り、OAクリーナーやガラスクリーナーで磨くとピカピカツルツルに。

ホコリや手あかなどが目立ちやすいところは、優先的にキレイにしておくと、部屋全体の清潔感がアップします。
ピカピカとは少し異なりますが、同じようにホコリが目立つのが、観葉植物の葉の上や、木造住宅に多い幅木の上。気を抜いていると真っ白になるほどホコリが溜まりやすい場所なので、来客を機に定期的にホコリを取る習慣をつけておくと慌てずに済みますね。

来客掃除の締めくくりは臭いの掃除

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

家全体をお客さま目線でキレイに掃除したら、最後に締めくくるのは「臭い」の掃除。
自分の家だとほとんど臭いを感じませんが、家によって「生活臭」は必ずするもの。自分の家の臭いは鼻が慣れてわからなくなっていますが、外からやってくるお客さまは、敏感に家の臭いを感じています。
どんなにキレイに家が片付いていても、イヤな臭いがすると、すべての努力が水の泡。
自分の家の臭いを感じても感じなくても、臭いを掃除するのは、もはやマナーといえるのではないでしょうか。

そこで、臭い掃除にうってつけなのが、ファブリーズの部屋用消臭スプレー マイクロミスト。
従来の部屋用消臭スプレーは、ボトル内にガスが充填されており、それと一緒に消臭成分を勢いよく噴射するというのが一般的なものでした。人によっては、ガスの臭いや安全面で、使用を躊躇する場合も多く、ガスが少なくなってくると消臭成分が最後まで均一に使えないという不満の声も多かったようです。

そんな不安や不満の声に応えたのが、ファブリーズマイクロミストの新たな噴射機能。
ガスを使わず、軽く握るだけできめ細かいミストが広がるスプレーは、今までのルームスプレーにはない斬新な使い心地。どんな角度でも噴射することができ、使い切るまで一定量のミストを噴射し続けます。

12畳程度のリビングなら10秒程度丸く円を描くようにスプレーすれば、生活臭を素早く消臭し、さわやかでやさしい香りが部屋の中を満たします。

マイクロミストは、新しい使い心地だけでなく、消臭成分も従来のガス式に比べ4倍以上。もちろん、消臭効果も高く、少量スプレーするだけでその効果は実感できます。


急な来客でも、掃除のコツを押さえておけばササッと来客仕様の部屋に早変わり。最後にマイクロミストで香りもリセットすれば、心地よくお客さまをお迎えできそうですね。