ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
キレイなはずの服からカビの臭い(ニオイ)! 場所別の原因と対策を考える
出典 : Inspiration GP/Shutterstock.com

キレイなはずの服からカビの臭い(ニオイ)! 場所別の原因と対策を考える

久しぶりに出した夏服からカビの臭い!? ちゃんと洗濯してしまっておいたのに・・・。臭いの原因は、収納方法や洗濯にあるかもしれません。服の手入れ方法を見直して今すぐカビ臭対策を!

  • 創文舎 hamo

洗濯してしまっておいた服になぜカビ臭が!?

洗濯してしまっておいた服になぜカビ臭が!?

ViDi Studio/Shutterstock.com

衣替えの際には、必ず洗濯してから服をしまっているのに、しばらくぶりに取り出すと、なぜか、カビの臭いがする衣類。キレイなはずの服にカビが生えるのはなぜなのでしょうか。

おもな原因は、着ない間にしまっている収納場所の環境にあります。
クローゼットや押し入れは部屋の隅にある場合が多く、湿気の溜まりやすい環境であることがほとんどです。
その上、ホコリが溜まりやすく、閉め切っているので熱もこもりやすい場所。

カビの菌は部屋中どこにでも存在し、25℃以上の温度と70%以上の湿度、それにホコリなどの汚れがあればいつでもどこでも繁殖します。
カビの生育に必要な条件が揃いやすく、必要な時以外は開け閉めすることがないクローゼットや押し入れは、カビが繁殖するには絶好の場所。とくに、ホコリや湿気を吸着しやすい服はカビにとって最高の住処なのです。

久しぶりに出した服に、白っぽい汚れや点々とつく黒い汚れがあったら要注意。鼻にツンとくる臭いがしたらカビがクローゼットで大繁殖している可能性大です。

服がギューギューのクローゼット、湿気溜まっていませんか?

服がギューギューのクローゼット、湿気溜まっていませんか?

Wachira W/Shutterstock.com

昔から、腹八分目といいますが、なんにでも適量というものがあります。クローゼットや冷蔵庫もまさにそれ。入るからといって、限界を超えるほどギューギューに押し込めるとさまざまな不具合が生じます。

衣服でパンパンになったクローゼットは、どこになんの服があるかわかりにくくなるばかりか、カビが生える可能性も高くします。

なぜなら、スペースに余裕のあるクローゼットの場合は、風がとおる隙間があり、空気が循環することで空気中の水分の逃げ道がありますが、ギューギューのクローゼットは空気が動く隙間もなく、空気や衣類に含まれる水分がどんどん溜まっていきます。

結果、クローゼット内の湿度が上がり、カビにとって繁殖しやすい環境が整ってしまいます。
クローゼット内の湿度が気になる時には、収納する衣服を減らし隙間を空け、クローゼット専用の掛けるタイプの除湿剤や据え置き型の除湿剤などを設置して湿度の管理をしてみましょう。時々、クローゼットの扉を開け放ち、空気の入れ替えをするのも効果的です。

キレイになるはずの洗濯漕にまさかのカビ菌が!?

キレイになるはずの洗濯漕にまさかのカビ菌が!?

photopixel/Shutterstock.com

どこにでもいるカビ菌ですが、必ずといっていいほど溜まりやすく繁殖しやすい場所が洗濯槽の裏側。
洗濯物を干す時に、時々見かける洗濯物についた茶色や黒のピロピロとした汚れ。あの汚れこそ、洗濯槽の裏に付着したカビ汚れの一部です。

洗濯機は中を覗いても汚れは見当たりませんが、定期的な掃除を怠ると、常に水分と汚れにさらされる洗濯槽は裏側にびっしりとカビを蓄えます。カビが生えた洗濯機で洗濯すれば、当然、洗濯物にもカビ菌が付着し、そのまま乾かしてしまえば、生き残ったカビ菌がクローゼットの中で繁殖し、さらにカビを増やします。

そうした悪循環を断ち切るには、定期的な洗濯機清掃が必須です。
ドラッグストアなどで市販されている洗濯機クリーナーや粉末の酸素系漂白剤を用意し、1~2カ月に一度程度表示に従い清掃するようにしましょう。
キレイな洗濯機で洗った衣服は、カビ臭の予防はもちろんのこと、いつもよりもすっきり洗えたような気がして清々しいものです。

酸素系漂白剤を使ったカビ臭の取り方

酸素系漂白剤を使ったカビ臭の取り方

FotoDuets/Shutterstock.com

気をつけてしまっていた衣服なのに、カビ臭がしてしまったら、まずは、クローゼットから衣服を取り出し、他の服にもカビや臭いが移っていないか確認しましょう。もし、他の衣服に移っていたり、クローゼットの壁や床にカビを発見したら、クローゼット内の服をすべて取り出し、カビを取り除き、アルコールを使った拭き掃除が必要です。

幸いにしてカビの犠牲になった服が数枚程度なら、カビの程度に合わせたケアで服を救うことができます。
白っぽいふわふわとしたカビの場合は、まだ根は浅く表面的に付着しているだけなので、対処は比較的カンタンです。

1 タオルやブラシを使い、外でカビを払い落とす。
2 アルコールスプレーを吹きかけ、カビを除菌する。
3 粉末の酸素系漂白剤を加えて洗濯する。
4 完全に水分がなくなるまでしっかり乾かす。

黒いポツポツが衣服についた黒いカビは、白カビに比べて根が深いため、しっかりケアする必要があります。

1 黒いポツポツ一つ一つに、綿棒で液体の酸素系漂白剤を塗る。
2 洗面器などにお湯を入れ、粉末の酸素系漂白剤を入れて溶かす。
3 衣服を入れ、30分~2時間程度浸け置きする。
4 洗濯機に液体ごと入れ、洗濯洗剤を加えて洗濯する。
5 完全に水分がなくなるまでしっかり乾かす。

カビは菌類なので、除菌作用がある酸素系漂白剤やアルコールが良く効きます。
衣服によっては、熱いお湯で洗濯すると傷んでしまう素材もあるので、洗濯表示を確認して温度を調節するようにしましょう。酸素系漂白剤は、お湯の温度が高い方が効果も高くなるので、カビの状態と衣服の素材を考慮し、浸け置きするようにしてください。

服をしまう前のカンタンカビ臭対策でニオイ予防

ファブリーズ 布用消臭スプレー

ファブリーズ 布用消臭スプレー

衣服をカビから守るためには、湿気をできるだけ抑えることと、菌や汚れを衣服に残さないようにすること。
湿気を抑えるためには、クローゼット内の湿度の調整と、衣服をしっかり乾かすことが重要です。菌や汚れを残さないためには、洗濯槽の清掃や洗濯の際の酸素系漂白剤の併用が効果的ですが、もう一つ、手軽に菌を除菌する方法があります。

その方法とは、布用消臭除菌スプレーファブリーズを使った、日常的な洗濯方法です。
通常どおり洗濯し、脱水した衣服に、Tシャツなら前後ろ5、6回ずつスプレーし、普段と同じように乾かすだけ。

ファブリーズは、衣服についた臭いを消す消臭効果はもちろんのこと、繊維についた菌を除菌する効果にも優れています。カビをはじめとした菌類は、湿った環境を好むため、洗濯して濡れた状態から乾くまでの間の湿った環境で爆発的に増殖します。これを抑えるため、湿った洗濯物にファブリーズをスプレーすると、除菌成分が繊維に残った菌に働き、実験では99.9%以上の菌を減少させたことが実証されています。

クローゼットにしまう前の段階で菌をしっかり除菌できていれば、収納している間のカビの繁殖もぐっと減少させることができます。


お気に入りの衣服をカビ臭くさせないためには、クローゼット内に湿気をためないようにすることと、衣服にカビ菌をつけたまま収納しないことがポイント。除湿剤やファブリーズを上手に使って、カビ臭知らずのクリーンな収納を目指しましょう。