ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
電子レンジを掃除するなら、体にやさしい重曹・酢・レモンを使おう
出典 : goffkein.pro/Shutterstock.com

電子レンジを掃除するなら、体にやさしい重曹・酢・レモンを使おう

電子レンジ、いつ掃除しましたか? しばらく掃除しないと汚れが取れづらくなる庫内。洗剤で一気に掃除したいけど、子どもの食べるものを扱う電子レンジは体にやさしい、重曹やレモン、酢などを使ったナチュラルクリーニングがおすすめ!

  • 創文舎 hamo

電子レンジにこびりつく汚れの正体とは?

電子レンジにこびりつく汚れの正体とは?

Mitand73/Shutterstock.com

冷えた料理や冷凍食品をあっという間に食べられる状態にしてくれる電子レンジ。扉を開けて食べ物を取り出した後、庫内をチェックしていますか?
普段扉が閉まっているため、汚れていてもそれほど気にならず、いざ掃除となるとかなり手がかかるイメージがあるため、「臭いものにはフタ」ならず、「汚いものには扉」状態になりがちな電子レンジ。
たしかに、庫内にこびりついた汚れは一筋縄では落とせませんが、放置すればするだけ汚れは頑固になり、掃除もたいへんになります。

電子レンジの中につく汚れは、ほとんどが温めた食品から出たもの。
水蒸気となって食品から出た水分が残り、水垢になった汚れや、吹きこぼれが何度も加熱され焦げたもの、食品から飛び散った油がこびりついた油汚れなど、すぐに拭き取っていればすぐに取ることのできた汚ればかり。
こうした汚れが重なり、混ざることで、カンタンには落とせない頑固汚れになっていきます。

汚れを放置しておくと、不衛生なのはもちろんのこと、経済的な面や安全面でもデメリットが出てきます。電子レンジは、食べ物を感知しマイクロ波をあてることで、食べ物に含まれる水分を振動させ温めていますが、庫内に余計な汚れがあると、センサーが汚れも感知してマイクロ波をあてるため、余計な電力を消費し、温まる時間が無駄にかかってしまいます。また、何度も同じ汚れの加熱を繰り返すことで、汚れが炭化し発火する危険性も。

電子レンジの汚れは、単なる見た目や衛生的な問題だけでなく、意外な実害も及ぼします。見て見ぬふりはもうやめて電子レンジをリセットしてみませんか? 掃除のコツさえ知っていれば、意外とカンタンにキレイにできますよ。

重曹や酢をチンして庫内の汚れを浮かせよう

重曹や酢をチンして庫内の汚れを浮かせよう

TY Lim/Shutterstock.com

電子レンジ掃除の基本は、こびりついた汚れを浮かせること。
耐熱容器に水を入れ、温めて数分おいておくだけでも汚れの落ち方が違います。

さらに、効率的に汚れを落としたいなら、酢やクエン酸、重曹などの天然由来の成分を使ったナチュラルクリーニングがおすすめです。市販の台所用洗剤や専用のクリーナーなども優れた効果を発揮しますが、口に入るものを調理する電子レンジにはできるだけやさしい成分を使いたいもの。とくに、小さい子どもがいる家庭では気をつけてあげたいですね。

酢とクエン酸は酸性の性質を持っているため、水垢などのアルカリ性の汚れを落とすのに効果を発揮し、重曹はそれとは逆に、アルカリ性の性質を持つため、油汚れなどの酸性の汚れを落としやすくします。

基本の掃除方法は、それぞれ水を200ml程度耐熱容器に入れ、酢の場合は50ml、重曹の場合は大さじ2杯程度を溶かし入れます。それを電子レンジで2~3分加熱し、30分程度扉を閉めたままおいておきます。この間に、水蒸気となった酢や重曹が庫内に行き渡り汚れを緩めて落としやすくします。扉を開けたら、容器の中の冷えた液体にキッチンペーパーやタオルを浸し、庫内を拭いていきましょう。表面的な汚れならこれでスッキリキレイになります。

庫内の汚れは、アルカリ性の汚れも酸性の汚れも両方ついている場合がほとんどですので、酢を温めて掃除した後に重曹を温めて掃除すると、どちらの汚れも落とすことができます。

簡単に取れない油汚れは水×重曹のペースト作戦

簡単に取れない油汚れは水×重曹のペースト作戦

Marc Bruxelle/Shutterstock.com

キッチンペーパーやタオルだけでは落とせない頑固な油汚れの場合は、重曹に少量のお湯を足しペースト状に練った「重曹ペースト」が効果的です。

庫内を温め、取れなかった汚れに重曹ペーストを乗せて、アクリルたわしやラップを丸めたものでやさしく擦って汚れを落としましょう。一回で取れない時は、汚れの上から重曹ペーストを塗り、ラップをかけてしばらくパックしておくと、より効果が高まります。

頑固な汚れは、つい力を入れて擦ったり、金タワシなどを使ってゴシゴシ擦りたくなりますが、電子レンジは傷がつきやすく、できた傷に汚れが入り込んだり、故障の原因になる場合があります。一度で取れない汚れも、何度か洗っているうちに段々取れてくるので、無理やり擦って落とそうとせず、重曹ペーストで地道に擦り、徐々に落としていきましょう。

においを取るならレモンを使った掃除方法で

においを取るならレモンを使った掃除方法で

Seksun Guntanid/Shutterstock.com

電子レンジの汚れのほかに気になるのが、庫内に残る臭い。掃除を怠っていると、さまざまな食べ物の臭いに焦げなどの臭いが入り混じり、何ともいえない独特の臭いになります。
そんな臭いを消し去るには、レモンなどの柑橘類のフルーツを使った掃除方法がおすすめです。

耐熱容器に入れた200mlの水に輪切りにしたレモンをギュッと絞り果汁を混ぜます。絞った後のレモンも容器に入れ、2~3分電子レンジで温めます。10分程度扉を閉めてそのまま時間をおき、お湯の温度が落ち着いたら容器を取り出し、レモン水をタオルやキッチンペーパーにつけて庫内を拭いていきます。
取れづらい汚れには、直接レモンの皮で擦るようにして拭くと汚れが取れやすくなります。

柑橘類の皮には「リモネン」という成分が含まれており、油を溶かす効果を持っています。また、高い消臭効果も併せ持っているため、臭いが取れなくなったギトギト電子レンジの掃除にはうってつけ。しかも、半分に切ってチンするだけという手軽さも魅力ですね。

キッチンのにおい対策なら専用置き型消臭剤で簡単ケア

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

酢や重曹、柑橘類などを使った人にも環境にもやさしい電子レンジ掃除をした後には、キッチン全体の臭いもチェックしてみましょう。魚焼きグリルから漂う昨夜の焼き魚の臭いや、ゴミ箱から漂う生ゴミ臭、冷蔵庫を開ける度に感じるさまざまな食品が入り混じった臭いなど、キッチンには臭いの原因がたくさんあります。

そんな複雑なキッチン臭の消臭に役立つのが、ファブリーズのキッチン専用置き型消臭剤です。
どんなテイストのキッチンにも違和感なく馴染むスリムな消臭剤ながら、ファブリーズ独自の消臭成分「ニオイキャッチャーゼリー」がキッチンに漂う気になる臭いを余すことなくキャッチ。捕まえた臭い分子を化学的に分解・中和し、臭い自体を消し去ります。

キッチン専用ファブリーズは、とくに、生臭いゴミの臭いや魚の臭いなどに特化した消臭剤。キッチンにおいておくだけで、鼻につく腐敗臭をもれなくカットします。


一日がかりを覚悟する電子レンジ掃除も、コツを押さえれば1時間程度でさっくり解決。酢や重曹、レモンを用意してやさしく、しっかり掃除しましょう。