ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
室外機の掃除でエアコンの効率アップ!? 自分でできる掃除の仕方とは?
出典 : Nuroon Jampaklai/Shutterstock.com

室外機の掃除でエアコンの効率アップ!? 自分でできる掃除の仕方とは?

室外機は掃除をしなくていいなんて大間違い! 掃除をすればエアコン効率が上がり、節電になります。プロにお願いする前に、まずは点検。カンタンな掃除の仕方も紹介します。

  • 創文舎 hamo

室外機の掃除は必要! 汚れはエアコン性能の低下につながる

室外機の掃除は必要! 汚れはエアコン性能の低下につながる

Chanwit Sripakdee/Shutterstock.com

部屋に設置しているエアコンの室内機。エアコンといえばこちらばかりに目が向きますが、エアコンには必ずペアになっている室外機があります。屋外でも目立たないベランダの隅や、外壁沿いにひっそりと設置されている室外機ですが、意外に大きな役割を担っています。

室内機は、暖かい空気と冷たい空気を入れ替えたり除湿したりと、部屋の中の空気を快適な状態に保つため、外気と内気を温めたり冷やしたりしながら交換していますが、室外機は室内機の運転の際に排出される「熱」のやりとりをするための機器。

直接室内外に出入りする空気には関与していないため、室外機の汚れが室内の空気自体に影響を与えることは考えられませんが、室外機に汚れが溜まると、上手く熱を処理することができなくなるため、余計な電気代がかかったり、室外機の運転に負荷がかかり、故障や寿命が縮まる原因になります。

室外機の汚れ=室内の空気の汚れではありませんが、電気の無駄使いやエアコンの故障原因にならないように定期的な掃除をおすすめします。

自分でできる室外機の掃除方法

自分でできる室外機の掃除方法

supirak jaisan/Shutterstock.com

エアコンの室外機は、熱交換するためのアルミフィン、プロペラ、基盤と、それらを外気や雨風から守る丈夫な外側カバーで構成されています。屋外に置く機器なので、雨風や雪などに耐えられるように丈夫に設計されていますが、枯草や土埃、クモの巣などが目詰まりするとエアコンの運転効率に影響を与えます。

自分でできる掃除の方法としては、まず、この目詰まりを取り除くこと。
挟まっている枯葉などのゴミをほうきで払い落し、編み目状のカバーに付着している土埃などは、古歯ブラシや掃除用のブラシなどでかき出し、掃除機で吸い取るとキレイにホコリが取れます。

カバーについた泥汚れなどが気になる場合は、ホースで水をかけたり、濡らした雑巾などで拭き取るとスッキリします。雨風に耐えられるように作られているので外側の水洗いは問題ありません。

表側がキレイになったら、裏側も確認しましょう。室外機の側面や背面部分は熱交換のためのアルミフィンになっている場合が多く、ここにゴミが挟まっていたり、目詰まりしていると熱効率の低下を招きます。
表側のカバーとは違い、少し力を入れて触るだけでも変形するデリケートなパーツなので、無理はせずやさしく扱うのがポイントです。

手で取れるゴミが挟まっている場合はていねいに取り除き、金属のひだ部分にホコリが詰まっている時は、掃除機のヘッドをブラシに付け替えてやさしくホコリを吸い取ります。

最後に、本体下部にある水抜き穴と室外機の側を通っているドレンホースをキレイにしましょう。
水抜き穴は、室外機のケース内に溜まる水を流す穴。この穴が詰まるとケース内に水が溜まり、電気機器のショートなどにつながるため、必ずチェックすることを忘れずに。穴にゴミが詰まっている場合は、割り箸などを使ってかき出しておきましょう。

ドレンホースは、室外機とは直接つながっていませんが、室内機から延びるホースで、熱交換の際に結露した水を外に排出する大事な役割を担っています。このホースの点検も室外機の掃除と一緒にしておくと安心です。

室外機の掃除の頻度とは?

室外機の掃除の頻度とは?

V J Matthew/Shutterstock.com

室内機のフィルターなどはこまめな掃除が必要ですが、室外機はどのくらいの頻度を目安に掃除すると良いのでしょうか? 室外機を今まで掃除したことが一度もない、という人も少なくないと思いますが、少しでも長く、効率的にエアコンを使いたいなら、1、2年に一度の掃除は欠かさないようにしたいものです。さらに、理想的なのは、冷房時期と暖房時期、それぞれシーズンが始まる前にサッと掃除しておくのがベスト。
掃除と一緒に、室外機周りの環境を整えておくと、より冷暖房効率が良くなります。

冷房シーズン

室外機の周りの温度を下げるような工夫をすると冷房効率がアップします。
日除けをつけて室外機に直射日光が当たらないようにしたり、暑い日に打ち水をするのも効果的です。

暖房シーズン

冷房時期とは反対に、周囲が暖かくなるような工夫がポイント。日当たりを良くして日中の温度を上げたり、雪が降る地方は雪で目詰まりしないように、雪よけネットやフードをつけると良いでしょう。

内部の掃除は無理せず業者におまかせ!

内部の掃除は無理せず業者におまかせ!

Africa Studio/Shutterstock.com

室外機の掃除は、目で見える範囲、手が届く範囲の掃除が基本。手が届かないところにゴミがあっても、無理やり棒を突っ込んで取ろうとしたり、ケースを外したりすると本体の故障の原因になります。

また、長い間掃除をしていない場合も中までキレイにするのは素人では限界があります。無理をして機器を壊すと数千円や数万円では済まない場合もあります。内部まで手を掛ける必要がある時は、プロに依頼するのも賢い選択です。

プロに依頼すると、カバーを外し専用の洗剤と高圧洗浄機を使って隅々までキレイにしてくれます。基盤部分に水がかからないようしっかり養生もしてくれるので、汚れがひどいときは業者におまかせする方が安全かもしれませんね。

エアコン効率がよくなった室内をさらに快適にする臭いケア

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

室外機をキレイにしてエアコン効率が良くなったら、室内環境も整えたいところです。
室内機のフィルターを掃除し、部屋の空気もチェック。温度は快適なのに、何だか臭う・・・という時には、臭いの原因の対処とともに、ファブリーズの部屋用置き型消臭剤を置いてみてはどうでしょうか。

部屋の臭いの原因はいくつもの要因があり、とくに「生活臭」と呼ばれる臭いは、そこに人が生活する限りゼロにするのは不可能です。毎日生活している家族にとっては感じない臭いでも、外からやってくるお客さまには違和感のある臭いとして感じられているかもしれません。

ファブリーズの置き型消臭剤は、主成分「ニオイキャッチャーゼリー」が部屋の空間に漂う臭い分子をキャッチし、分解・中和し臭い自体を無臭化します。生活臭は、食べ物の臭いや体臭、タバコの臭い、ペットの臭い・・・などさまざまな種類の臭いが混ざり合ってできています。生活している人が気づかない臭いも、幅広い臭いに対応するファブリーズを置いておくことで、知らないうちに消臭してくれます。


見えないところで室内環境を支えるエアコンの室外機、置いておくだけで知らない間に部屋の臭いを消臭するファブリーズ。なんだか似たような役割をもっているような気がしませんか? 室外機はシーズン前に定期的な清掃を、ファブリーズは1.5~2ヵ月を目安に交換を忘れずにしていきましょう。