ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
汗っかきな子どもの昼寝にも最適、“天然のエアコン”い草ラグがすごい!
出典 : Huaykwang/Shutterstock.com

汗っかきな子どもの昼寝にも最適、“天然のエアコン”い草ラグがすごい!

高温多湿な日本の夏をサラッと快適に過ごすには、やっぱり「い草」の力が欠かせない! 畳よりも手軽で見た目もおしゃれな「い草ラグ」が、今大きな注目を集めています。い草のもつ“天然のエアコン”効果とは、いったい・・・!?

  • 渡辺

い草には天然のドライ機能が備わっている!?

い草には天然のドライ機能が備わっている!?

MOHEJI/Shutterstock.com

畳は、日本人にとってなじみ深いものですよね。では、なぜ日本では古くから畳が使われてきたのでしょうか? そこには、日本の“高温多湿の気候”と、畳表の原料である“い草の特性”が大きく関係しています。

い草は、ほかの植物と違って内部がスポンジ構造になっており、たっぷりの空気を含んでいます。そのスポンジ構造が、汗や湿気などの水分をすばやく吸収して蒸散させるため、夏でもベタつかずひんやりとした肌ざわりをキープしてくれるのです。まさに、ドライ機能を備えた“天然のエアコン”というわけですね。

また、スポンジ構造をもつい草には適度な弾力があるため、歩いたり寝転んだりした時にかかる体への負担も和らげてくれます。小さな子どもの夏の昼寝などには、まさにうってつけ。ひんやりと心地よく、寝ているあいだに汗をかいてもすばやく吸収してくれるから、ぐっすりと安眠できますよ。

手軽でどんな部屋にも合わせやすい、い草ラグの選び方

手軽でどんな部屋にも合わせやすい、い草ラグの選び方

Atiketta Sangasaeng/Shutterstock.com

畳敷きの和室がある家が減る一方で、年々注目度が高まっているい草ラグ。畳よりも手軽で、フローリングの部屋にも合うデザイン性の高さが魅力です。でも、タイプがいろいろあるだけに、何を選べばいいのか迷いますよね。い草ラグは、部屋と用途によって選ぶのが基本です。衝動買いをするのではなく、事前にしっかりとタイプ別の特徴をチェックしておきましょう。

【リビング】サイズ・デザインが豊富な花ござタイプ

リビングには、サイズが豊富でデザイン性の高い花ござタイプがおすすめ。不織布などで裏貼りされたものはフローリングを傷めず、すべり止めの効果もあります。サイズをソファーの幅に合わせると、全体のバランスがよくなりますよ。

【子ども部屋】衝撃吸収・防音効果のあるクッションタイプ

子ども部屋には、フェルトやウレタンなどで裏打ちされたクッション性のあるタイプのものがおすすめ。転んだ時の衝撃や、ものを落とした時の騒音を吸収してくれます。ただし、厚みがあり過ぎると縁につまずきやすく、ドアの開閉のじゃまになる場合もあるので気をつけましょう。

【寝室】サッと手軽に使えるシーツタイプ

子どもの昼寝など睡眠時に使うなら、布団やベッドの上にサッと敷くだけのシーツタイプがおすすめ。近年ではサマーシーツとも呼ばれ、熱帯夜をしのぐ快眠グッズとして注目されています。布団の上に敷いて直接その上に寝るか、もしくは一枚シーツをかけて使用します。

い草ラグは、畳と違ってこまめに手入れがしやすいのもうれしいポイントです。ただし、い草の繊維は直射日光にあてると傷んでしまうため、陰干しにしましょう。国産のものは価格が高めですが、手入れをすれば長く使うことができますよ。