ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
物で溢れる洗面所、スッキリ収納してスペースを有効活用する方法
出典 : Travelerpix/Shutterstock.com

物で溢れる洗面所、スッキリ収納してスペースを有効活用する方法

狭いスペースに洗面台や脱衣所などが集まる洗面所。収納したくても物が多すぎて片付かないと悩んでいませんか? 収納棚が少なくても、タオルや洗剤をスッキリ収納するアイデアを紹介します。

  • 創文舎 hamo

ゴチャつきやすい洗面所、収納するなら見せる派? 見せない派?

ゴチャつきやすい洗面所、収納するなら見せる派? 見せない派?

WAYHOME studio/Shutterstock.com

日々の身支度や、入浴前後の着替え、洗濯など、日常生活の中で日に何度も使う洗面所。面積の割に用途が広く物が多いため、スッキリさせることが難しいスペースですが、衛生的な生活の基点となる場所だからこそ、清潔感のある気持ちよい場所にしたいものです。

洗面所に収納するものには、バスタオルやパジャマ、着替えなどのファブリック類や、洗剤類や掃除用具、身支度のための洗面用具やドライヤー、ヘアケア用品まで大小さまざま。これらのものを限られたスペースに美しく片付けるには、収納の仕方にちょっとした工夫が必要です。

生活感を感じさせないためには、見せないように収納するのがベストですが、使い勝手やスペースを考えるとすべてのものを隠すのは難しいところ。かといって、見せる収納ばかりになると、ゴチャつき感は否めません。
使い勝手良く、見た目も見苦しくなく収納するには、用途とアイテムによって、見せる収納と見せない収納を使い分けるのがポイントです。

備え付けのスペースを最大限生かす収納アイデア

備え付けのスペースを最大限生かす収納アイデア

洗面台の鏡横や裏に収納スペースがある場合や、シンク下に引き出しや扉収納がある場合は、備え付けのスペースを生かして「見せない収納」を。

見せない収納に適したものは、細かな化粧品やヘアケアグッズ、コードが散らかりやすいドライヤーなど。
そのまま押し込むと、開けた時にゴチャゴチャしやすいので、トレーやケース、仕切り板などを駆使して収納すると、スッキリ使い勝手良く片付きます。

また、シンク下には高さや奥行きのある大きめの収納スペースがある場合が多いですが、シンクの配管が通っているため、上手く収納するのが難しいことも。
そんな時には、ホームセンターや家具量販店で売っている引き出し型のケースやファイルボックスなどを置き、配管を避けて収納場所を分割し、扉裏にタオルハンガーを取り付けて引っ掛け収納を作るのがおすすめ。

しまいたいものとしまう場所を考え、作り付けの収納に少し手を加えることで、そのまま使うよりもずっと使いやすく収納できます。

棚がなければ突っ張り棒! 100均アイテムを使った収納術

備え付けのスペースを最大限生かす収納アイデア

作り付け収納が少ない場合や、広いスペースを区切って使うのに便利なのが、100円ショップで売っている、突っ張り棒を使った収納術。

洗濯機上のスペースや、浴室の扉上、シンク下など、棚があったら便利だと思う場所に突っ張り棒を渡すだけで即席の棚を工事要らずで設置することができます。賃貸などで壁に穴が開けられない場合もたいへん便利です。
突っ張り棒を渡した棚の上には、バスケットやボックスを活用し、軽めのものを収納するのに向いています。

また、突っ張り棒は、棚としてだけでなく、引っ掛け収納としてもとっても便利。
収納が欲しい場所に突っ張り棒を渡し、S字フックやピンチなどを引っ掛け、歯磨き粉やコップなどの歯磨きアイテムをぶら下げたり、ハンガーやハンドル付きの洗剤などをぶら下げるのにも役立ちます。

直に置くと、液だれや水あかなど、余計な汚れがつきやすいものをぶら下げることで、汚れを付きづらくし、洗面所掃除をカンタンにします。

タオルや洗剤・・・見せる収納はおしゃれ重視で

タオルや洗剤・・・見せる収納はおしゃれ重視で

WichitS/Shutterstock.com

化粧品や洗剤、ヘアケアグッズなどの比較的細かいものは、使いやすいように分類ごとにある程度まとめて、見えないように収納するのが向いています。
それに対し、バスタオルやフェイスタオルなどのタオル類、使用頻度の高い洗剤類は、すぐに取り出せるように見せる収納にしておくのがおすすめです。

見せる収納にするには、使い勝手はもちろんのこと、見た目にもおしゃれに整えたいもの。
タオルやパジャマなどのファブリック類は、色柄やたたみ方を揃えれば、オープンシェルフなどに収納してもキレイに見せることができます。

また、タオルを重ねて収納すると、上からばかり使うことになり使用頻度の偏りが気になる場合は、仕切り板やブックスタンドなどを間に置いて立てて収納したり、丸めて収納して下の方から使用するなど、ちょっとしたアイデアで使い勝手が格段に良くなります。

毎日使う洗濯洗剤類は、買ってきた状態のまま並べておくと、デザインに統一感がなく雑多な印象を受けます。洗剤は、デザインが同じボトルに統一し、詰め替えて使うのがおすすめ。清潔感を大切にしたいランドリー周りは、白色を基調にボトルを揃えてみてはどうでしょうか。シールなどでラベリングし、トレーの上に並べてシェルフに置けば、スッキリさわやかなランドリースペースに。洗濯するにもモチベーションが上がりそうですね。

収納できたら洗面所の香りもスッキリおしゃれに

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

ファブリーズ空間と布用消臭スプレーマイクロミスト

見せる収納と見せない収納に分けてキレイに洗面所をレイアウトしたら、臭いにも気遣いたいところです。
洗面所周りは、洗剤の香りや、これから洗う洗濯物の臭い、風呂場の臭い、排水の臭いなど、さまざまな臭いが集まる場所。せっかく収納をキレイに整えても、臭いがイマイチだと残念な洗面所に。

そうした臭いを消すのに便利なのが、部屋用の消臭スプレーですが、今までのエアゾール式の部屋用消臭スプレーは、使い始めは勢いよく消臭成分がスプレーされても、最後の方になると消臭成分や香り成分が少なくなってガスばかりが噴出されたり、捨てる際のゴミの分別や、強すぎる香りなど、さまざまな問題点がありました。

そうした問題点を改善すべく開発されたのが、ファブリーズの部屋用消臭スプレーマイクロミスト。
ガスを使用せず、軽くハンドルを握るだけで360°どの角度でも細かな霧を噴射するマイクロミストは、アジアではじめて採用された新発想のボトルデザイン。最初から最後まで使用感も使用量も変わらず、使い終わった後も、消臭成分が入ったボトル部分を付け替えることができ、プラスチック製の容器はそのまま自治体の分類に沿って捨てることができます。

また、従来のファブリーズシリーズの消臭スプレーと比較しても、消臭成分が4倍以上にアップし、香りは今までよりもやさしく、日本人の好みに合わせたほのかなフレグランスに。
洗面所なら約5秒間程度円を描くようにスプレーするだけで、空間に漂う臭いを中和して消臭し、さわやかな香りを広げます。


清潔感を大事にしたい洗面所。収納も臭いもおしゃれになると、毎日の暮らしが心地よくなります。洗面所の手に取りやすい場所にマイクロミストを常備して、臭いが気になったらシューッと空気をさわやかにチェンジしましょう。