ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
「重曹」と「クエン酸」は洗濯の強い味方? 本当かどうかを検証!
出典 : Evgeny Atamanenko/Shutterstock.com

「重曹」と「クエン酸」は洗濯の強い味方? 本当かどうかを検証!

ここ数年、話題の重曹とクエン酸。どちらも家事の強い味方として活躍しています。そして今、注目されているのがクエン酸と重曹を配合して洗濯洗剤に代用する洗濯方法です。これまでの常識を覆す? 洗浄効果は期待できるのでしょうか?

  • 鈴木

洗濯で使える? 重曹の働きとは

洗濯で使える? 重曹の働きとは

images72/Shutterstock.com

重曹とクエン酸を配合して使う前に、基礎知識として重曹、クエン酸それぞれの特徴と働きを知っておきましょう。

●重曹の特徴
重曹は「炭酸水素ナトリウム」や「重炭酸ソーダ」と呼ばれることもあります。性質は弱アルカリ性で、粒子が細かく、水に溶けにくく、加熱すると分解して炭酸ガスを発生します。常温であれば長期保存できます。
重曹は人体に無害な物質であり、古くから私たちの生活で活用されてきました。たとえば、ふくらし粉(ベーキングパウダー)などの食品添加物や胃薬などの医薬品としても使われています。

●重曹の働き
掃除や洗濯面で重曹はどういった働きをするのでしょうか。
重曹そのものが弱アルカリ性ということは、皮脂汚れや油汚れなどのうち、軽めの酸性汚れを中和します。また、漂白効果も期待できます。衣類の主な汚れは皮脂汚れなので洗濯にも向いているといえます。
さらに重曹は粒子が細かく水に溶けにくいため、研磨作用もあります。

洗濯で使える? クエン酸の働きとは

洗濯で使える? クエン酸の働きとは

Atsushi Hirao/Shutterstock.com

●クエン酸の特徴
クエン酸とはレモンや梅干しに含まれる「酸っぱい」味の成分です。クエン酸は水に溶けやすいため、密閉して保存する必要があります。長期保存には向いていません。

●クエン酸の働き
疲労回復や活性酸素の抑止など健康維持に欠かせない成分として知られます。また、クエン酸には殺菌効果があります。お弁当のご飯の真ん中に梅干しを入れるのは、細菌の繁殖を抑えて食材が傷むのを防ぐ目的があるのです。寿司の酢飯も保存食としての意味合いから伝承されてきた食文化です。
クエン酸は酸性なので、水垢や石けんカスなどアルカリ性の汚れを中和させます。衣類に残った皮脂汚れはアルカリ性なので、黄ばみ汚れなどに対して効果を発揮してくれます。

重曹とクエン酸の効果的な使い方

重曹とクエン酸の効果的な使い方

Saroj Khuendee/Shutterstock.com

●重曹の効果的な使い方
合成洗剤ではない洗濯用の液体せっけんと合わせ、通常の使用量の半分を重曹にすると、より洗浄力が期待できます。
重曹は柔軟剤の代わりにもなります。すすぎの時に重曹を3分の2カップ入れるとふんわりと仕上がり、しかも、静電気を抑えてくれる効果もあります。重曹は水に溶けにくいため、ぬるま湯を使った方が効果的です。
使用する重曹は工業用を選びましょう。

●クエン酸の効果的な使い方
クエン酸を衣類の漂白に使う場合、5~10%の溶液(水1リットルに小さじ1~2)を作って、洗濯物を浸します。
1時間ほど浸け置きをしてから普通に洗い、日向でしっかりと乾燥させることで白さが戻ってきます。
カレールーが付着してしまった場合も普通にもみ洗いする程度ではなかなか落ちないものですが、クエン酸を使って日向干しすると、きれいに落ちます。ただし、シルクやウールは紫外線に当てることで逆に黄ばむことがあるので要注意。素材の洗濯表示をよく確かめることをお忘れなく!

洗濯洗剤として重曹とクエン酸を配合した時の効果は?

洗濯洗剤として重曹とクエン酸を配合した時の効果は?

Olena Yakobchuk/Shutterstock.com

重曹とクエン酸を混ぜて洗濯洗剤として使用することができます。配合は、重曹大さじ2、過炭酸ソーダ大さじ1、クエン酸小さじ1です。重曹と過炭酸ソーダは洗剤として、クエン酸は柔軟剤として使用します。
あるいは、衣服の汚れの気になるところに、重曹を水で溶いてペースト状にしたものを塗ってもみ洗いし、その後にクエン酸水を吹きかけます。クエン酸水は、水200mlにクエン酸小さじ1をスプレーボトルに入れて混ぜるだけでOKです。アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸が化学反応を起こし、泡が発生することによって汚れが浮き上がってきます。20分程放置した後に、洗濯機に入れて通常の洗濯と同じように洗います。

洗濯物のニオイ問題、解決方法は? 

ファブリーズ布用消臭スプレー香り

ファブリーズ布用消臭スプレー香り

黄ばみや汚れは重曹とクエン酸で解決したとしても、気になるのは洗濯物のニオイ問題。いつも通り洗濯したのに、理由はわからないけど何だか臭う、ということも多々あります。そんな時のために、あるいはそんなことがないように、「ファブリーズ布用消臭スプレー」を使ってみてはいかがでしょうか?

トウモロコシ由来の消臭成分を配合した「ファブリーズ布用消臭スプレー」は、消臭はもちろん、除菌もしっかりしてくれます。しくみは、ファブリーズをスプレーすると布地等が濡れ、水によって除菌・消臭成分が繊維の奥まで浸透します。そして、ニオイの元となるバイ菌が除菌され、乾くにつれてニオイが消えるというわけです!
使い方は、洗い終わった洗濯物にシュッと5、6回ほど吹きかけてから乾燥させるだけなので、とってもカンタン!
洗濯し終わったものに限らず、布製品の消臭ならすべてOK! 布団・マクラ・マットレスなど寝汗の除菌に各20回、掃除の仕上げにカーテン・ソファ・クッション・ラグなどに各20回、ニオイが気になる制服やスーツ、靴などに各10回、20cmほど離し、やや湿り気を帯びる程度にまんべんなくスプレーしてください。

ただし、革・和装品へは使用不可です。また、毛、絹・レーヨン・アセテート・キュプラなど水に弱い繊維、水洗い不可の表示があるもの、防水・撥水加工など特殊加工されたものは、シミになったり、風合いを損ねたりする恐れがあるので、あらかじめ目立たない部分で試してから使いましょう。

このように、お掃除に役立つ重曹とクエン酸は、洗濯用洗剤としても活用できます。何かと役に立つ重曹とクエン酸、家庭に常備しておくと便利ですね。