ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
部屋干しの生乾き臭いニオイをどうにか消したい人、必読!
出典 : Vasilyev Alexandr/Shutterstock.com

部屋干しの生乾き臭いニオイをどうにか消したい人、必読!

天候や日中の不在のみならず、黄砂や花粉などによって外に洗濯物を干せない場合が増えています。そこで、天候や外気の汚れに左右されない部屋干しの出番ですが、「どうにも洗濯物が生乾き臭い!」という悩みにはどう対処すべきでしょうか。

  • 鈴木

洗濯物のニオイの原因は何?

洗濯物のニオイの原因は何?

Andrey_Popov/Shutterstock.com

洗濯物が何だか臭い、きちんと洗濯したはずなのに臭い、ニオイが気になるということはありませんか? 洗濯物の気になるニオイの原因はいったい何でしょうか?
洗濯物の嫌なニオイの原因としては、まず「雑菌」があげられます。雑菌さえついていなければ、とくに嫌なニオイはしないはずなのですが、ニオイがするということは、知らず知らずのうち菌にとって心地よい環境をつくってしまっており、増殖していると考えられます。では、雑菌が増殖する原因とは何でしょうか?

●汚れ物の放置
雑菌が生育・増殖する条件のひとつはエサです。雑菌は汗や皮脂、ホコリ、食べ物のカス、石けんの残りカスなどをエサにして増殖します。汗や皮脂、ホコリなど汚れが付着した衣類を洗濯カゴや洗濯機に入れたままにしておくと、汚れが落ちにくくなるだけでなく、放置している間に細菌が増殖し、これがニオイの原因となります。

●まとめて洗濯
少量の衣類を何度も洗濯機で回すのは労力や時間がかかり、水道代や電気代などのコスト増になるからと、できるだけまとめて洗濯機を回す人も多いと思います。しかし、まとめてしまうことで、かえって汚れ物を放置してしまうことになり、これが雑菌の増殖につながり、ニオイの原因となります。
ため込んだ挙句、多くの洗濯物を1回の洗濯ですまそうとするのもNGです。洗剤が洗濯物に行き届かないことになれば洗濯前に付着していた汚れやニオイが十分に落ちず、やはりニオイの原因になってしまいます。

●お風呂の残り湯で洗濯
エコや水道代の節約のために、お風呂の残り湯で洗濯する人も多いと思いますが、ニオイの観点からいえば、おすすめはできません。お風呂の残り湯には人間の汗や皮脂などたくさんの雑菌が繁殖しています。洗いだけならまだしも、すすぎまでお風呂の残り湯を使っているなら、気になるニオイの原因はそれかもしれませんよ。

●洗い上がってから干すまでのタイムラグ
湿り気は雑菌の好む環境であり、生育に必要な条件です。洗濯し終わった衣類をすぐに干さず、洗濯機の中に入れたままにしている、干そうと思ってカゴに入れたけれど、ほかに気をとられてついつい干すのが後回しになってしまったなど、洗い上がってから干すまでの時間が長ければ長いほど、ニオイの元となる雑菌が増殖する時間が長くなります。

●干してから乾くまでに時間がかかる
部屋干しすると、とくに洗濯物の生乾き臭を多く感じませんか?これは、干してから乾ききるまでに時間がかかっていることが原因です。いつまでも濡れた状態が続くと、ニオイの原因である雑菌が増えてしまいます。屋外でも日当たりや風通しの悪いところで干したり、衣類と衣類のすき間が少なく乾きにくかったりした場合も同様です。できるだけ短時間で乾かすことが雑菌の繁殖とニオイを防ぐことになるのです。

●衣類以外に雑菌が繁殖
洗濯物のニオイばかりにとらわれていて見落としがちなのが、洗濯機や洗濯カゴの汚れや雑菌、カビなどです。洗濯槽の表面はキレイでも、内部や循環経路が汚れ、雑菌が付着し、衣類のニオイの原因になっている場合もあります。

部屋干しの生乾き臭を消す方法

部屋干しの生乾き臭を消す方法

Dragana Gordic/Shutterstock.com

●アイロンや乾燥機で除菌
細菌にはさまざまな種類がありますが、衣類に発生するニオイの原因は、「モラクセラ菌」であると特定されています。モラクセラ菌は熱に弱く、60℃以上で増殖しないことがわかっています。
この特徴を利用し、衣類を洗って脱水した後、湿った状態の時にアイロンで加熱します。150℃以上で、水分が蒸発して、ほぼ乾いた状態になるまでアイロンをかけます。こうすることで、モラクセラ菌の増殖を阻止し、生乾き臭を消すことができます。
高温で乾燥機にかけることも除菌に有効です。家庭用の乾燥機は60℃以上の高温になる機種は少ないと思いますが、コインランドリーの乾燥機は80℃以上の高温です。

●酸素系漂白剤で除菌
アイロンや高温乾燥は多少手間がかかります。もっとカンタンに生乾き臭を消したい人は、酸素系漂白剤をお湯で使用する方法がおすすめです。
洗濯物が少量の場合、40℃程度のお湯をバケツなどに入れ、酸素系漂白剤を投入して溶かし、洗濯物を15~20分程度つけておき、その後、いつも通りに洗濯します。洗濯物がたくさんある場合は、洗濯機に洗剤を投入後、酸素系漂白剤を入れ、普段通りに洗濯をします。いずれの場合も酸素系漂白剤のラベルに書かれている用量、使用上の注意を守って使いましょう。
生地が傷む可能性があるので50℃を超える温度のお湯を使用しないこと。また、酸素系漂白剤と塩素系漂白剤を混ぜると有毒ガスが発生するので危険です。絶対に一緒に使わないように注意しましょう。

部屋干しでも臭わない洗濯方法

部屋干しでも臭わない洗濯方法

VGstockstudio/Shutterstock.com

ほかにも、ちょっとしたことに気を付けて、部屋干しでも臭わない工夫をしましょう。

●お湯でつけ置き
水では皮脂が溶け出さず、汚れが落ちません。汗や皮脂汚れがひどいものは、汗による皮脂汚れがひどいものは、洗濯洗剤少量を溶かした40℃くらいのお湯に20~30分浸けてから洗濯機へ入れます。

●おすすめは粉末洗剤
汚れが残るとニオイの原因になります。汚れ落ちを重視するならアルカリ性の強い粉末洗剤がおすすめです。

●早く乾くように工夫して干す
衣類同士が重ならないように干す、間隔を開けて表面積を大きくするなど、早く乾くように工夫して干しましょう。

●浴室干しがおすすめ
屋内で干す場合、浴室がおすすめです。普段から水を使う場所なので、換気扇がついていたり、窓があったりと、湿気を取りやすい構造になっている住宅が多いためです。

生乾き臭を発生させないためにすべきこと

生乾き臭を発生させないためにすべきこと

photopixel/Shutterstock.com

●汚れ物専用のカゴを用意
洗濯機を回すまでの間、汚れ物を洗濯槽の中に入れて置くと、湿った空間で雑菌が繁殖します。メッシュやラタンなど通気性の良いカゴに入れておく方がニオイ防止につながります。

●洗濯槽をお手入れ
洗濯槽が汚れていては洗濯物がキレイになるはずがありません。市販の専用クリーナーを使って定期的にお手入れしましょう。洗濯機にお手入れ機能がある場合は、所定の方法で使用します。ドラム式洗濯機は、パッキン部分にゴミや繊維くずが詰まっていることがあります。ブラシ等で汚れをかき出す、または軍手をつけて汚れを取り除くと良いでしょう。洗濯槽を掃除した後はしっかりと乾燥させること。水気を残したままだと再び菌が増殖してしまいます。

●NGな干し場所に置かない
室内でおすすめの干し場所は換気しやすい浴室ですが、生乾き臭につながりやすいNGな干し場所とはどこでしょうか?
リビングなどのカーテンレールは、窓の結露がついて乾きにくいのでおすすめしません。ハンガーなどでつるしてしまうと、カーテンについたニオイや汚れが洗濯物に移ることもあります。
ワンルームタイプでは、キッチン付近に置いてしまうこともあるのでは?キッチンは料理のニオイが洗濯物に付着しやすく、また、湿度が高く乾きにくいため、こちらもNG場所となります。

おすすめ! ファブリーズでニオイの悩みをすっきり解決

ファブリーズ布用消臭スプレー

ファブリーズ布用消臭スプレー

生乾き臭は、まずは、しっかりと汚れを落とし、時間をかけずに乾かすことが大切ですが、それでも臭う時は、日光消毒以上の消臭効果を発揮する布用消臭剤「ファブリーズ布用消臭スプレー」を使ってみませんか?
ファブリーズ布用消臭スプレーは、ファブリーズ独自のダブル除菌効果で、ニオイの原因菌を99.9%除菌し、イヤなニオイを元からしっかり消臭してくれます。
使い方は、洗い終わった洗濯物にシュッと5、6回ほど吹きかけてから乾燥させるだけなので、とってもカンタン。部屋干しにも、屋外干しにもぜひお試しあれ!

これからの季節、梅雨や台風、ゲリラ豪雨など、洗濯物を外に干せない日も多いことでしょう。上手に工夫して、洗濯物をすっきりニオイなく仕上げたいですね。洗濯習慣の見直しとファブリーズでニオイ問題は解決しそうです!