ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
カンタン&栄養たっぷり。くず野菜で作る「野菜だし」に大注目!
出典 : goffkein.pro/Shutterstock.com

カンタン&栄養たっぷり。くず野菜で作る「野菜だし」に大注目!

いつも捨ててしまう野菜くずから、うまみたっぷりの「だし」が取れるって知っていますか? とってもカンタンなのに、栄養満点。小さな子どもから野菜不足になりがちなパパまで、家族みんなの健康をおいしくサポートしちゃいましょう!

  • 渡辺

くず野菜がうまみと栄養たっぷりの「だし」に変身!?

くず野菜がうまみと栄養たっぷりの「だし」に変身!?

HikoPhotography/Shutterstock.com

食べられないから・・・と、捨ててしまう野菜くず。でも、じつは野菜は皮や種、ヘタや芯にこそ栄養素がたっぷりと含まれています。“ファイトケミカル”とも呼ばれ、近年大注目されているこの野菜くずの栄養素を、余すことなく取り入れられる方法があります。

それが、野菜くずで作る「野菜だし」です。野菜からだしが取れるなんて意外な気もしますが、野菜ならではのうまみや甘みが凝縮されただしは、肉や魚の力強い味わいのだしとは違って、風味がやさしくまろやかなのが特徴。和食・洋食を選ばずどんな料理にも使うことができ、味に深みとコクを与えてくれます。

作り方はとってもカンタン。調理中に出た5種類以上の野菜くずを、水と少量の酒で煮出せば完成です。基本的にはどんな野菜を使ってもOKですが、見た目の色や味をよりよく仕上げるためには、以下のポイントを押さえておきましょう。

色や味がよくなるおすすめの野菜くず

●タマネギ、ニンジンの皮やヘタ
●ネギの青い部分
●セロリ、パセリの葉や茎
●キノコの軸
●大根の葉
●トマト、ピーマンのヘタや種
●葉物野菜の軸

少量ならOK、色や味にクセが出やすい野菜くず

●紫タマネギ
●なす
●キャベツ、ブロッコリーなどアブラナ科の野菜
●ゴーヤー
●ごぼう

野菜だしの作り方

材料

●5種類以上の野菜くず・・・両手いっぱい分
●水・・・1~1.3リットル
●酒・・・小さじ1

作り方

1 鍋によく洗った野菜くずと水、酒を入れて火をつける。
2 沸騰させないよう、弱火でじっくりと20~30分煮出す。
3 火を止め、ザルやペーパータオルで濾せば出来上がり。

味付けはシンプルでOK、野菜だしのおすすめ活用法

味付けはシンプルでOK、野菜だしのおすすめ活用法

jazz3311/Shutterstock.com

野菜だしは5種類以上の野菜を使うことで、それぞれのうまみが絡み合い、深いコクが生み出されます。だし自体の味わいが複雑なため、料理の味付けはシンプル&薄味でOK。また、凝縮された野菜の栄養をまるごと摂取できるので、野菜嫌いの子どもや健康が気になるパパにもうれしいですね。いつもの料理に水の代わりとして使うだけなので、とっても手軽でカンタンですよ。

野菜だしは万能だし! おすすめ活用法

どんな料理にも使えるのが野菜だしの魅力。以下の料理に使えば、おいしさがワンランクアップします。

●カレー、シチュー
●みそ汁、スープ
●ポトフ
●炊き込みごはん
●煮物 など

野菜だしは冷蔵で1週間程度、冷凍で1ヵ月程度保存することができます。暑さで食欲が低下し、野菜不足になりやすい季節には、とくに重宝することうけあいですよ!