ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
夏のトイレの環境改善! 掃除で忘れちゃいけない「あの場所」とは?
出典 : Shine Nucha/Shutterstock.com

夏のトイレの環境改善! 掃除で忘れちゃいけない「あの場所」とは?

夏のトイレはむわっとした空気がこもっていて、なんだか不快ですよね。それもそのはず、夏のトイレはカビや雑菌が繁殖しやすく、空気も汚れています。でも、「あの場所」を掃除すれば、クリーンな環境を手に入れることができるんですよ!

  • 渡辺

「あの場所」を掃除して、カビや雑菌の発生を防ごう

「あの場所」を掃除して、カビや雑菌の発生を防ごう

Quality Stock Arts/Shutterstock.com

夏のトイレのむわっとした不快な空気や、ジメジメとした蒸し暑さの大きな原因となっているのは、「汚れた換気扇」です。キッチンの換気扇は汚れが目立つため定期的に掃除をしていても、トイレの換気扇はしばらく掃除をしていない・・・という家庭も多いのではないでしょうか。

しかし、基本的に24時間稼働しているトイレの換気扇は想像以上に汚れています。空気中のホコリを吸い込み続けた結果、吸引機能がなくなって逆にホコリが降ってくることも。トイレのタンクや床に黒いホコリの塊が落ちていたら、換気扇がひどく汚れている可能性大です。

換気扇の機能が低下すると、さまざまな問題が生じます。臭いが除去されないことはもちろん、空気が循環しないため温度・湿度が上昇し、カビや雑菌が発生してしまうのです。とくに、カビや雑菌の繁殖スピードが上がる夏場は要注意。衛生のため、トイレの傷みを防ぐためにも、「換気扇」の掃除に取り組みましょう。

アイテム選びが重要! トイレの換気扇掃除のコツ

アイテム選びが重要! トイレの換気扇掃除のコツ

hanif66/Shutterstock.com

トイレの換気扇にはガンコな油汚れなどは付着していないため、とくに洗剤は必要ありません。ただし、高所での作業となるので安全には十分配慮し、なるべく短時間で済ませるためにもアイテム選びにこだわりましょう。

トイレの換気扇掃除に使うアイテム

マイクロファイバー雑巾

布の雑巾ではなく、極細繊維でホコリを絡め取ることのできるマイクロファイバー雑巾がおすすめです。

柔軟剤

柔軟剤を水に溶かして拭き掃除をすると、静電気を防止してホコリを付きにくくする効果があります。

脚立

換気扇は高い場所にあるため、脚立は必須。トイレの便座や蓋に乗ると割れる危険性があるので絶対にNGです。

マスクや水中眼鏡など

換気扇からホコリが落ちてくるため、マスクや水中眼鏡でガードしましょう。

トイレの換気扇掃除のコツと手順

<手順>

① 換気扇のスイッチを切り、止まったのを確認する。

② 脚立に上がり、換気扇のカバーを取り外す。

③ カバーのホコリを取り、次に雑巾に柔軟剤入りの水を含ませて拭き取る。

④ 換気扇の内側も同様に、ホコリを取って水拭きをする。

⑤ カバーを付けて終了。

換気扇を汚れにくくするための工夫

換気扇を汚れにくくするためには、100円ショップなどで買える「換気扇フィルター」を貼るのがおすすめです。フィルターは汚れたらこまめに取り換えましょう。

換気扇の中には、カバーがネジで固定されてカンタンには取り外しができないものもあります。そんな場合はムリをせず、専門の業者に依頼しましょう。クリーンで気持ちのいいトイレを手に入れるためには、夏の換気扇掃除をお忘れなく!