ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
SNS映え必至! 手作りアイスキューブで夏をおしゃれに楽しもう
出典 : 5 second Studio/Shutterstock.com

SNS映え必至! 手作りアイスキューブで夏をおしゃれに楽しもう

見ているだけで涼しく華やかな気分になれるアイスキューブを作って、夏をおしゃれに演出してみませんか? 作り方はとってもカンタン。来客時のおもてなしにはもちろん、SNSにアップすれば大注目されることうけあいですよ!

  • 渡辺

夏のおもてなしに! 「フラワーアイスキューブ」

夏のおもてなしに! 「フラワーアイスキューブ」

Africa Studio/Shutterstock.com

まずはじめに紹介するのは、食用花やミントなどのハーブを氷に閉じ込めたフラワーアイスキューブ。まるでかわいいジュエリーのような見た目で、ミネラルウォーターや炭酸水に浮かべればテンションが上がること間違いなし! 友達のイメージに合った花をチョイスするなど、オンリーワンのドリンクでおもてなしをするのもいいですね。

また、フラワーアイスキューブはドリンクとしてだけでなく、ワインクーラーの氷として使うものおすすめです。誕生日や記念日などにもぴったりな、高級感のある特別な演出ができますよ。

フラワーアイスキューブを作る時のコツと注意点

蒸留水でクリアな仕上がりに

フラワーアイスキューブに限らず、アイスキューブを作る際は水道水やミネラルウォーターではなく蒸留水を使いましょう。透明度の高いクリアな氷に仕上がります。蒸留水は、水道水を一度沸騰させて冷ましたものでOKです。

かならず食用の花やハーブを使おう

花屋で売られている花には農薬が含まれていることがあるため、かならず食用のものを使いましょう。

カラフル&おいしい! 「フルーツアイスキューブ」

カラフル&おいしい! 「フルーツアイスキューブ」

New Africa/Shutterstock.com

次に紹介するのは、とってもカラフルで食べてもおいしいフルーツアイスキューブ。夏のスイーツとしてそのまま楽しめるほか、カクテルとの相性もバツグンです。蒸留水の代わりに、ヨーグルトや牛乳で凍らせてもおいしいですよ。

フルーツアイスキューブを作る時のコツ

フルーツは製氷皿に入るサイズにカットして使いますが、ベリー類などはそのまま凍らせた方が見た目もおしゃれ。浅めの製氷皿ではなく、100円ショップなどで買えるやや深めの製氷皿を使うのがおすすめです。出来上がりのサイズが大きいと、溶けにくくなるという利点もありますよ!

溶けても薄くならない! 「ドリンクアイスキューブ」

溶けても薄くならない! 「ドリンクアイスキューブ」

UpPiJ/Shutterstock.com

最後に紹介するのは、ドリンクをそのまま凍らせたドリンクアイスキューブ。コーヒーで作ったものをグラスに入れてミルクをそそげば、まるでお店のようなおしゃれなカフェオレの出来上がりです。紅茶や抹茶で作るのもおすすめ。溶けてもドリンクの味が薄くならないのもうれしいポイントですね。

ドリンクアイスキューブを作る時のコツ

製氷皿に入れて凍らせるドリンクは、ちょっと濃いめに作るのがコツ。インスタントでももちろんOKですが、ちょっと手間をかけて淹れたドリンクをアイスキューブにすれば、見た目だけでなく味もカフェのような本格派の仕上がりになりますよ。

アイスキューブは時間のある時に作っておけば、突然の来客でもサッと使えてとても便利です。ワンランク上の演出で、夏をおしゃれに楽しみましょう。