ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
畳の捨て方や修理方法を知って畳と上手に付き合おう
出典 : KPG_Payless/Shutterstock.com

畳の捨て方や修理方法を知って畳と上手に付き合おう

和室に置いてある畳、今年で何年目ですか? 古くなった時の捨て方や経年に合わせたメンテナンス方法など、畳には知っておきたい知識がいっぱい。畳の処分や修理の常識を記事にして紹介します!

  • 創文舎 hamo

畳の表替えや裏返し・・・長く使うなら知っておきたいメンテ方法

畳の表替えや裏返し・・・長く使うなら知っておきたいメンテ方法

長く使うと気になる、畳の日焼けやささくれ。そろそろ新しい畳を・・・と、その前に、畳の裏返しや表替えはしてみたでしょうか?
畳はカーペットや絨毯とは異なり、時間が経って劣化してきたら、状態に合わせて一部分を張り替えたり、裏返しにすることで、また数年間同じ畳を使うことができます。

畳は、畳本体の芯となる「畳床」と、イ草で織られた表面の「畳表」、外側を覆う「畳縁」の三つのパーツから成ります。畳床は変えることができませんが、畳表と畳縁は劣化に合わせて新しいものと交換することができます。

裏返し

畳を敷いてから3~5年位経ち、表面の日焼けや傷みが目立ってきたら「裏返し」の時期です。
裏返しは、単に、畳を裏返すことではなく、畳の表面である「畳表」を一度、畳本体から外し、裏返しにして元の畳に戻す作業。畳の状態にもよりますが、おおよそ5年以内であれば裏返すことで新品のような状態に戻ります。

表替え

裏返しをしてから4~7年、購入してから裏返しをせず6年以上経っている畳の場合は、状態により「畳表」を取り換える「表替え」が必要です。表替えは、その名の通り、畳床から畳表を外し、新しい畳表に張り替える作業。表面がまったくの新品になるので、イ草の香りや調湿機能まですべてがリセットされます。ただし、畳床は変わらないので、踏み心地や凹みなど畳床からくるダメージの回復にはなりません。

新調

畳を15年程使うと、そろそろ新調の時。新調とは、その言葉のとおり、畳本体を入れ替えること。古い畳を処分し、新しい畳と取り替えます。


畳は日焼けや重たい家具を置いたためにできる凹みなど、使用状況によってその寿命は変わりますが、畳の状態に合わせてメンテナンスをし、長く使うことができます。

修理後の畳を快適に使う掃除方法とは

修理後の畳を快適に使う掃除方法とは

Zhang Bei Song/Shutterstock.com

裏返しや表替えで表面が新しくなった畳。キレイになったからといって普段のお手入れをさぼると、ホコリが溜まりダニやカビの温床になってしまいます。掃除の際には、畳に合った方法で手入れし、快適な和室環境を保ちましょう。

普段の掃除方法

●基本の掃除は乾拭き。畳の目に沿って、乾いた雑巾やホコリ取りシートで丁寧に拭き掃除をします。
●ダニ予防のため、定期的に掃除機をかけます。畳の目に沿って、ゆっくり時間をかけてやさしく掃除機をかけます。
●2~3年以上使用した畳は月に一回程度、水で濡らし固く絞った雑巾で拭き掃除をし、水分補給します。

畳は過度な水分を含むとカビの繁殖の原因になるため、手入れの基本は乾拭きか掃除機。しかし、何年か使用しているうちに、畳に本来含まれている水分が蒸発していくため、定期的に水で濡らして硬く絞った雑巾での拭き掃除が必要になってきます。その他に、お茶を飲んだ後の「茶殻」を畳に撒き、ほうきで掃き掃除をするというのも昔からある手入れの方法。茶殻を撒くことにより、水分が補給され、「カテキン」が持つ殺菌作用も期待できます。

また、風通しをよくするのも畳には大切な手入れの一つ。天気が良く風がよく通る日に、マイナスドライバーなどを使って畳を床から持ち上げ、床と畳の間に空き缶などを挟んで間を空けます。この状態でしばらく風を通し、畳の裏に溜まった湿気を逃がします。

不要な畳をゴミとして自治体に回収してもらう方法

不要な畳をゴミとして自治体に回収してもらう方法

さまざまなメンテナンスをしても畳がもつのは10~15年ほど。中には20年以上もつ場合もあるようですが、畳自体がブカブカし表面が波打つようになってきたら、畳床も傷んできたサイン。畳の状態を確認し、入れ替えを検討しましょう。

新しい畳と交換する場合、気になるのが古い畳の処分方法。
できるだけお金をかけずに処分するなら、自治体の粗大ゴミや可燃ゴミとして回収してもらうのがベスト。
自治体により値段や回収方法は異なりますが、粗大ゴミ回収を申込み、粗大ゴミ処理券やシールを買って貼り付け、所定の場所に出しておくのが一般的な方法。ルールによっては、一定の大きさを超えるものは戸別回収にならず、回収拠点に持込みしなくてはならない場合もあるようです。申込みの際に、インターネットや電話などで確認してみるとよいでしょう。

また、畳をゴミ袋に入るサイズに切ることができれば、通常の可燃ゴミとして捨てることも可能です。ただし、畳を切ることはかなりの労力が要り、それが何枚もとなると手作業ではたいへん。電動のこぎりなどが使える環境でない限りは現実的ではないかもしれません。

畳を業者に依頼して処分する場合

畳を業者に依頼して処分する場合

不要な畳を自治体に回収してもらうためには、畳を外まで持ち出さなくてはなりません。大きく、重さのある畳は自分で運ぶのは大きな負担です。

そこで便利なのが、家まで畳を回収にきてくれる不要物回収業者。日時を指定して取りに来てもらうこともでき、料金は自治体回収よりかかってしまいますが、電話一本で処理が完了するのは大きなメリットです。

しかし、回収業者によっては、市区町村からの許可を得ず、無許可で回収を行っている業者もおり、不当な値段を請求してきたり、不法投棄をしている場合もあります。業者に依頼する場合は、インターネットで許可登録を行っているか確認したり、自治体に登録業者を紹介してもらうのが安心です。

また、畳を新調する場合は、畳屋さんに古い畳を引き取ってもらえるようにお願いすることも可能です。無料で引き受けてくれるところはなかなかありませんが、業者に頼むよりは良心的な値段で引き取ってくれる場合が多いようです。

畳の部屋にもよく合う部屋用消臭剤をご紹介

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

ファブリーズ部屋用置き型―無香・靴箱専用・キッチン専用

和室が清々しいのは、調湿機能のある畳のおかげ。イ草が新しい頃は、どことなく緑の匂いも漂い、リラックス効果も感じられます。しかし、畳が古くなってくると、調湿効果が弱くなると共に、イ草の香りもあまりしなくなってきます。

そこで、和室に置いておきたいのが、ファブリーズの部屋用置き型消臭剤。
清々しいナチュラルガーデンの香りやさわやかなスカイシャワーの香りなど、和室にもよく合うフレッシュな香りがラインナップ。また、無香タイプもあるので、気になる臭いだけを消臭したい時にもぴったりです。

ファブリーズの置き型消臭剤は、消臭成分「ニオイキャッチャーゼリー」が室内に漂う臭い分子をキャッチし、中和・分解して臭いを消し去ります。加えて、自然界にある「森林フィトン」も含んでおり、畳の大敵、カビの発生も抑制します。


日本に古くからある畳の文化。部屋も心も清々しく引き締めてくれる畳は正しくメンテナンスをして長く大事に使いたいですね。捨てる時は、自治体等に確認し適切な方法で処分しましょう。