ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
いくつもある布団の捨て方、スマートでお得な処分方法とは?
出典 : VTT Studio/Shutterstock.com

いくつもある布団の捨て方、スマートでお得な処分方法とは?

厚みを失い、保温力が低くなった布団。捨て方を考える前に、もう一度使う方法を検討しましょう。それでもコストとパフォーマンスのバランスが取れなければ、ゴミとして回収の時。正しい出し方を知りスマートに処理しましょう。

  • 創文舎 hamo

布団の捨て方知っていますか?

布団の捨て方知っていますか?

violetblue/Shutterstock.com

毎日使っているうちに徐々にボリュームがなくなっていく布団。綿や羊毛、ポリエステルの布団は、掛け布団が5年、敷き布団が3年程度、羽毛布団は5~10年が寿命だといわれています。
布団のへたりが気になってきたら、購入してからどのくらい経っているかを考え、寿命を超えているようなら買い替えを検討してもいいかもしれません。

新しく布団を購入するとなると気になるのが、古い布団の処分方法。
置いておくだけでかさばる布団は、収納しておくだけでスペースがもったいない! 使い古した布団は来客用にするわけにもいかないので、速やかに処分した方が場所の節約になります。

布団は、綿や化学繊維、羊毛や羽毛を布で包み縫い合わせてあるもの。すべて燃やせる素材でできているので「燃えるゴミ」として処分できそうなイメージがありますが、果たして一般のゴミのようにカンタンに捨てることができるのでしょうか? 新しい布団を買う前に、古い布団の処分の仕方について調べておきましょう。

布団を捨てる前にリフォームとリサイクルを考える

布団を捨てる前にリフォームとリサイクルを考える

tamayura/Shutterstock.com

買って数年が経った布団。寿命も超えていそうだし、新しい布団に買い換えようかな・・・。
と、その前に、一度布団の「リフォーム」について検討してみてはどうでしょうか。布団のリフォームとは、昔からある「打ち直し」と同義で、綿・羊毛・羽毛布団は品質により打ち直すことができます。

「打つ」という言葉は、昔、綿布団を作る際に、綿を弓のような道具で打ち、ふかふかにしてから生地に詰めていたことに由来します。今でも、打ち直しすることで新品のようなふんわり感が戻ってくることから「打ち直し」や「リフォーム」などと呼ばれています。

布団の打ち直しは、側生地から中身を出し、洗浄・乾燥させてから足りない分を足し、新たな側生地に詰め直す作業をいいます。もともと良い素材を使っている布団であれば、打ち直すことで布団の寿命が延び、新しいものを買うよりもずっと経済的ですが、もとの布団が安く、素材もそれなりの品質の場合は、打ち直しをするよりも新しいものに買い替えた方がお得な場合が多いようです。

打ち直しを検討する際は、信頼のおける布団店に布団をみてもらい、打ち直しする価値があるか判断してもらった方が良いでしょう。購入してから10年以内で、まだ一度も打ち直したことがなければ、リフォームできるかどうか確認してみることをおすすめします。

そして、リフォームという選択肢以外にもう一つ考えられるのが、リサイクル。
使用感の少ない新品同様の布団なら、リサイクルショップで買取りしてもらえる場合があります。
また、多少使用していたものでも、海外の途上国や災害地、動物の保護用などに寄付することもできます。
どちらの方法も、自分で持ち込みや梱包・発送などをしなくてはなりませんが、引き取りに料金はかからず、誰かの役に立つ有意義な処分方法です。

布団を自分で捨てるなら粗大ごみか可燃ごみ

布団を自分で捨てるなら粗大ごみか可燃ごみ

リフォームもリサイクルも難しいようであれば、ゴミとして捨てることを考えましょう。
ますは、自治体のホームページなどで布団をどのように回収しているか確認します。布団は、素材的には燃えるものでできていますが、サイズが大きく、一般のゴミのように回収するのが難しいもの。自治体によっては、小さくまとまるように縛ったり、切り分けるなどして収集袋に入れば可燃ゴミとして収集可としているところもありますが、多くの自治体では粗大ゴミとして回収しています。

粗大ゴミとして自治体に回収してもらう場合、まずは受付の連絡をし、決められた金額の粗大ゴミ処理券を購入します。その後、布団の目立つところに処理券を貼り、指定された日時に回収場所へ布団を出し、持って行ってもらいます。処理券はおおよそ500円前後。決して高い金額ではないので、布団を解体して袋詰めする作業を考えると、粗大ゴミとして回収してもらった方が、時間と労力の節約になるかもしれません。

他に、コストをかけない方法としては、新しい布団を買う際に販売店に下取りとして古布団を引き取ってもらう方法と、引越しの際の不用品回収サービスを利用することが考えられます。どちらも、引き取りだけでは請けてもらえませんが、買い替えや引越しなどと同時に行うことで、お得に処分することができます。

布団の処分を業者に依頼する方法

布団の処分を業者に依頼する方法

不要な布団が何組もあったり、運び出すのが困難な場合は、出張引き取りしてくれる不用品回収業者に依頼するのも便利。自治体と違い、都合の良い時間に合わせて設定でき、自分で運び出す必要もないので、電話一本で処分が完了します。

ただし、自治体の処分料が500円前後なのに対し、回収業者はその2~3倍程度の予算を必要とします。中には、自治体の認可を受けていない業者もおり、不当な値段を提示してくる場合もあるので、依頼する前に健全な業者であるかどうかの見極めも必要です。

布団を処分する前に布用消臭除菌スプレーを試してみよう

ファブリーズ布用消臭スプレー

ファブリーズ布用消臭スプレー

布団のへたりと同様に気になるのが、布団に染みつく臭い。ボリューム的には、まだ大丈夫でも臭いが気になり手放すことを考えているなら、ファブリーズの布用消臭除菌スプレーを試してみてはどうでしょう。

シングルの布団一枚につき、20回ほどファブリーズをスプレーし、風通しの良い場所で陰干ししましょう。布団は毎晩汗を吸収し、ホコリや皮脂などの汚れと一緒になることで雑菌が繁殖しやすい環境になっています。雑菌は繁殖することで臭い物質を分泌し、布団に蓄積されていきます。

ファブリーズは、布団に付いた臭い分子を、中和・分解する消臭効果と、雑菌の99.9%を取り除く高い除菌効果を持っています。毎日起きたら布団をめくってファブリーズをスプレーし、湿気を逃がしておくだけでも夜眠る時の快適さは格段に違います。
大切な布団を長く快適に使うためにも、臭いと菌を一掃する毎日のファブリーズを習慣にしてはどうでしょうか。


買う時も捨てる時もたいへんな布団。生活に欠かせない寝具は、良いものを選び、長く大切に使いたいですね。捨てる前に一度はリフォームし、役目を終えたら負担にならない方法で賢く処分しましょう。