ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
意外とカンタン? 洋服代をうまく節約する方法
出典 : WAYHOME studio/Shutterstock.com

意外とカンタン? 洋服代をうまく節約する方法

家計簿やクレジットカードの明細を確認していると、洋服代の出費が大きいことに気づく人も多いはず。しかし、考え方を変えれば、洋服代の節約が可能に! 同時に、いいものを見極める目も養われるかもしれません。

  • 創文舎 hiderio888

洋服代の節約は「買わないこと」ではありません。

洋服代の節約は「買わないこと」ではありません。

gpointstudio /Shutterstock.com

洋服代を節約するには、「洋服を買わないようにすること」が大切だと考えがちですが、じつは、そうではありません。もっとも有効なのは、衝動買いを控えることです。

たとえば、欲しいと思った洋服が高額だった場合、どんな人でも購入することに慎重になるものです。手持ちの洋服とのコーディネートや長く着られるかなど、いろいろなことを考えてから、結論へと至るのではないでしょうか?

ところが、バーゲンセールで安くなっていたり、リーズナブルな洋服を見つけた時、衝動買いの確率が一気に高くなります。

もちろん、お気に入りの一枚として長く着るのであれば問題ありませんが、バーゲン品やリーズナブルな洋服を衝動買いすると、ほとんど袖を通さないままタンスの肥やしになってしまうケースが少なくありません。そんな洋服が何着もあると、結局その分のお金がムダになってしまいます。

つまり、洋服代を節約するためには、衝動買いを控え、購入した洋服は長く大切に着ることが重要になるというわけです。

洋服代を節約する4つのポイント

洋服代を節約する4つのポイント

WAYHOME studio/Shutterstock.com

洋服代を節約するポイントは以下の4つです。続いて、その一つひとつについて解説します。

1.質の良い定番品を買う
2.本当に気に入ったものだけを買う
3.必ず試着をする
4.洋服は丁寧に扱う

質の良い定番品を買う

まず、一つ目のポイントは質の良い定番品を購入することです。

定番品はコーディネートしやすいうえ、流行に左右されることもありません。質が良いものであれば、長く着ることもできるでしょう。

あらたまった場などに出向く際、1枚持っていれば重宝します。

本当に気に入ったものだけを買う

次に大切なのは、本当に気に入ったものだけを買うことです。

安かったからと、衝動買いで手に入れたものは、合わせるものがなかったり、実際に着てみたらそれほど似合っていなかったなどの理由から、次第に着なくなってしまうことも。

「この服が着たい!」と思えるようなものを選ぶことが、洋服を長く、大切に着るヒケツです。

必ず試着をする

また、洋服を購入する時は、試着をすることも重要です。

どんなに見た目が素敵でも、試着してみるとイメージと違って自分には似合わなかったということはよくあること。

そのため、試着せずに買うと、失敗する可能性が高くなります。似合う自信があっても、できる限り試着して確かめることが大切です。

洋服は丁寧に扱う

最後のポイントが、購入した洋服は丁寧に扱うことです。

本当に欲しく手に入れた洋服でも、粗末に扱ってはすぐに傷んでしまい、着られる期間が短くなってしまいます。そうなると、お金がムダになってしまうので、丁寧に扱い、長く愛用するようにしましょう。

洋服は身だしなみに大きく影響するため、むやみに節約するのはよくありません。本当に必要な洋服だけをそろえ、大切に着用すれば、おのずと節約になり、ワードローブを充実させることもできますよ。