ニオイや菌のお悩み、スッキリ解決
計算したことありますか? 長い目で見ると驚くほど高額な銀行手数料
出典 : ESB Professional/Shutterstock.com

計算したことありますか? 長い目で見ると驚くほど高額な銀行手数料

コンビニなどでお金を引き出す時や、他の銀行口座にお金を振り込む時に支払う手数料。わずかな金額でも、積み重なればびっくりするような金額になります。50年間の手数料を試算すると、きっとあなたも手数料を節約したくなるはず!

  • 創文舎 hiderio888

30歳から80歳まで50年間手数料を払い続けるといくらになる?

30歳から80歳まで50年間手数料を払い続けるといくらになる?

Ollyy/Shutterstock.com

銀行口座のお金を引き出したり、または別の口座に振り込んだりする時に必要となる手数料。1回につき108円とか216円とか、振り込みの場合は、金額や振り込み方法などによって金額は変わってきますが、多くの人毎月のように手数料を支払っているはず。

手数料は銀行にとってサービスの対価となるため、支払うのは仕方のないことなのかもしれませんが、長い目で見た場合、どのくらいの金額になると思いますか?

そこで、108円と216円の間を取り、1回の手数料を162円として、30歳から80歳までの50年間、毎月2回引き出しや振り込みをすると仮定して計算してみましょう。

162円×2回×12ヵ月×50年=194,400円

50年間とはいえ、19万4,400円を手数料のためだけに支払うことになります。ちょっとびっくりしませんか? この金額を見て、手数料を節約しようと思った人も多いのではないでしょうか。

無駄な手数料を払わなくてすませる方法

無駄な手数料を払わなくてすませる方法

zhu difeng/Shutterstock.com

じつは、いつも通りお金を引き出したり、振り込みをしても、手数料を節約することができるのを知っていますか? その方法を2つ紹介します。

ネット銀行や提携銀行を利用する

一つめは、ネット銀行やコンビニの提携ATMを利用する方法です。

ネット銀行とは、インターネット上で運営されている実店舗を持たない銀行のこと。ネット銀行のなかにはコンビニのATMや営業時間外の引き出しなどにかかる手数料が無料になるところが結構あります。

また、一般の銀行やネット銀行のなかには、コンビニATMと提携しているところがあり、手数料無料でATMを利用できるケースも。

これらの方法を使えば手数料を無駄に支払う心配がなくなります。

振込手数料無料の銀行を活用する

また、振込手数料が無料になる銀行を活用するのも一つの方法です。

ネット銀行や店舗を持つ銀行のなかには、提携している銀行間での送金にかかる手数料を無料にしているケースがあります。

また、月に数回手数料無料サービスを提供したり、残高に応じて手数料を無料にしたり、銀行によってさまざまなサービスがあるので、利用しない手はありません。うまく活用すれば、これまでに支払っていた手数料がまったくかからなくなるかもしれません。

銀行に支払う手数料は、小さなお金です。しかし、小さなお金も積もり積もれば大きなお金になります。手数料にかかわらず、細かい節約に目を向ければ、もっとお金を有効に活用できますよ。